霞ヶ浦で50upが釣れる(釣れた)ルアー5選!

ルアーの好き嫌いは好みですし、たくさんの種類があることが魅力で楽しみです。

場所とタイミングがなにより大事で、アプローチがあってれば投げ込むルアー自体はなんでもよかったりすることも多々。

バスのスイッチ入ってればだいたい釣れるし、どうしてもこれじゃないとスイッチを入れられないなんて状況もいうほどないんですよね。

釣れないルアーなんてないですから、ルアーだけに着目して釣れる釣れないってのも見当違いな話ではあります。

ただ今回はあえてルアーっていう部分に着目して振り返ってみたいと思います。

ほんとにね、もうね、良い線いったかと思うと48㎝とか49㎝っていうのが非常に多いんですけど…、そんな中で自分の経験のなかから50cmの壁を越えさせてくれたルアーを振り返ってみました。

パブロシャッド59SPMR

シャッドといえばの山木一人プロが開発に携わりプロデュースされたシマノのパブロシャッド。
近頃使い込み始めたばかりですが、59SPと59SPMRをレンジで使い分けます。

カラーは狂鱗ワカサギとモロコをそれぞれローテーションしていました。

使ってる時間も釣ってる匹数も59SPの方が多いのですが、
この魚だけを見れば釣れたのは2mレンジで、使ったのは59SPMRの方。カラーは114モロコ。

シマノ(SHIMANO)
¥1,452 (2022/09/28 12:20:06時点 Amazon調べ-詳細)

パワーダンク57SP

ospの2大シャッドプラグの片翼、ダンクのベイトタックル向けモデル。パワーダンク。

風にも強く、ハードボトムやブレイク系での使い勝手の良さは秀逸。

3.6mから2m程に上がるハードボトムのブレイクで、ブレイクエッジちょい下からブレイク上のフラットをボトムスローリトリーブで使ってました。夕マズメにワカサギが引っかかってくるような状況で。

これもアイスシャッドが匹数は圧倒的に多く釣っているのですが、釣れたのはピンクワカサギ。

ディプシードゥー3

霞のクランクといえばディプシードゥ、ベテランな方のなかには吉田幸二氏のクランキングによるオールスタークラシック優勝でそんなイメージを持つ人も多いはず。

初期型ドゥ3のメタリックなアユカラー。違うカラーですが、ピックアップするときに水中で水鳥がガチで追って泳いできてビビったのは後にも先にもディプシードゥのゴーストアユカラーだけ。

これはまだ釣りができたときの釣果ですが、残念ながら今はルアー釣り禁止になっちゃった場所。なので控えめに。

ファットヤマセンコー3in

定番中の定番。ヤマセンコー。

ダークブラウンブルーギル。
岸辺になげたらただそこにいたという一匹。

センコー自体が使いやすくてよく釣れるワームですが、これはたぶんゆっくりフォールするものならなんでも釣れた感満載な一匹。別に4インチでも他のでも釣れてたと思う。

390スカッパノン/スモールブルーフレークか341ダークブラウンブルーギルが近頃のマイブーム。

モーション3/8oz+フロントフラッパーカーリー

プロズファクトリーのモーション3/8oz+フロントフラッパーカーリーのライトグリーンパンプキンブルーFlk.。

大雨の増水直後、沖目のピンスポット狙い。ノーシンカーだのネコリグだの入れた後に、最後に中層リフト&フォールで通したらガッツリひったくられた一匹。

なんだかリアクション系の釣りにはノリーズのワームは相性いい気がします。

ドライブクロー3in

確かこれは3インチのグリパン。これも定番。
数釣ってる中でギリギリ届いちゃったのが混じった感じ。

ドライブクロ―はエビミソとダークブラウンブルーフレークとグリパンブラックフレークを主に使いますが、

デイタイムのサイズアップ狙いはラメが光らないグリパンBFが高実績。

オーエスピー(O.S.P)
¥858 (2022/09/28 09:33:24時点 Amazon調べ-詳細)

ドライブシャッド3.5in

ドライブフォールがあまりにも有名。
個人的に霞の中でも水がキレイ目なステインのエリアでは外せないものの一つで、特にアフターの縦スト狙いには必須。

これもフォール中に中層でラインが走った、そんな一匹。カラーはネオンワカサギ。
4インチも同じくらい使ってるけどこれは3.5インチのとき。

ドライブシャッドは3.5インチにグリパンチャートがないので、ヴァラップスイマーの3.5インチグリパンチャートと合わせて、薄め濃いめで両方持つようにしてます。

C4ジグ2.7g+ディトレーター

信頼のシークレットスモーク+ディトレーターグリパン。

朝イチ水門に差してきたきたやつにたまたま当たっただけ。

エバーグリーン(EVERGREEN)
¥762 (2022/09/27 20:56:54時点 Amazon調べ-詳細)
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)
¥800 (2022/09/28 12:25:58時点 Amazon調べ-詳細)

残念ながら画像は残ってないもののその他活躍してくれたルアーたち。

・HPシャッド2.5
テールが柔らかくてとにかく良く動く。ネオンワカサギでもゴーストシュリンプでも釣らせてもらいました。秋口の沖目ベイトを意識した使い方で。


・パドチュー
ブルーキャスティーク。デイタイムの切り札的存在。なぜか5月以降のデイタイムに相性がいい。

太陽がでている日中に、薄くツルツルした表面のテールが、ときどきチラッと光を反射するのが効いてるような気がする。


・ボディシャッド
3インチのアユカラーで。ツネキチ黎明期かつ人だらけだった時期にとにかく釣らせてもらった、当時は皆が知る対ハイプレッシャーウエポンの一つ。

クリアレイクがメジャーだったけど、霞でも数だけでなくサイズも最大54㎝を上げた思い出。

おわりに

ルアーがどうこうはそんなにないと思いますが、それでもただあえてルアーという観点からのみ見た場合、わりとちょっと弱めが効いてる風に見えますね。

使用頻度にもよりますから何とも言えないですけど…。

昔から霞って透明度低いわりに絶妙に弱めが効くって話もあるので、そう言われるとそんな気もしてきちゃいますね。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。