※当サイトの記事では、商品・サービスの紹介にアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

「キッカーフロッグ」インプレ。シングルフック系フロッグの代表格にしてハイバランスな一品。

エバーグリーンのキッカーフロッグです。

バス専用フロッグとして、ややコンパクトなボディに各性能がバランスよくまとめられています。

最大の特徴はシングルフックと首振りアクションのしやすさ。

旧キッカーフロッグ
旧キッカーフロッグ

現在のキッカーフロッグは、ダブルテール仕様の旧モデルが2010年頃にマイナーチェンジしたものです。

旧モデルよりもボディ長がやや伸びてデザインも一新されました。

フックは変更され、ボディ内部にあったメインウエイトは、外部化。ダブルテールはシリコンスカートに変更されています。

マイナーチェンジ以降のモデルから気に入って使っています。

インプレ

キッカーフロッグ釣果画像

細かなテーブルターンが得意です。

入力に応じて機敏に反応してくれるウエイトバランスになっています。

キッカーフロッグは、誰にでも簡単にドッグウォークアクションが出せるように設計したとのこと。

ノーズウエイトとアウトメタルウエイトの2カ所のウエイトが上手に働いてくれます。

着水したその場からガンガンに首を振っていけるバランスになっています。

キッカーフロッグ釣果画像2

適度な重量感と、水押し感も良い感じです。

約1/2ozのウエイトは適度で、どこでも扱いやすい重量です。

存在感が適度なのか、実際に魚の反応も多いんですよね。

もちろん20cmぐらいのバスがいくらガポガポ出てもそこは乗らないから…、そういうときはノーシンカーやエラストマー系トップでも入れてた方がいいんですけど。

30cmから上の魚が普通に出そうな状況なら信頼性は高いです。

キッカーフロッグ釣果画像3

ライトカバーくらいまでで使う分にはサイズ感といい、ウィードレス性もフッキング性能も、かなりバランスよくまとまっていて非常によく考えられてる印象です。

多くのフロッグは、ボディ内部でダブルフックがジョイントされています。

キッカーフロッグは、ジョイントなしで一本モノのオフセットフックが使われています。

そのせいか、割と掛かりも良い。

もちろんシングルフックだからダブルフックだからと一概に言えるものでもありません。

ただ、通常ワームに使うオフセットフックと同様に考えるなら、ボディさえ潰れれば掛かりが良いのは想像に難しくありません。

そのボディの潰れに大事なのが、バイト時の空気の抜けです。

フロッグは空気抜きの穴を開けるチューンをして使用する方も多いですが、キッカーフロッグには必要性を感じないのでそのまま使っています。

2、3匹釣ると、フックに固定されてるウエイトがグラグラになってきて、ボディとの間に隙間ができやすくなるのか、自然と空気の抜けも良くなる気がします。

そして、使ってるうちにだんだんボディーの張りがなくなってきて、へなへなになってくるとフッキングの信頼度が増します。

一方で、フックがズレやすくもなったり、水が入りやすくもなるのでそこは良し悪しですが。

ガサヤブ系のカバーやパワープレイを要すようなヘビーゲームには補強が必要かもしれません。

キッカーフロッグ釣果画像4
けっこう釣っててもフックポイントが鈍くならない良いハリです。

ガボッっともってかれたらリールグリグリ巻いて、ティップが重みを感じると同時におもいっきりフッキング。

口奥に掛かってることも多くあります。

カラーのお気に入りはトノサマガエル。

ベジテーションカバー周りで映える色ですね。

自分が行くフィールドは緑や茶系のカエルカラーか、もしくはブラック系が使ってても楽しいのと、やっぱり釣果もついてくるので好きですね。

キッカーフロッグ

キッカーフロッグ製品画像
全長5.8cm自重13.0g

詳細は→メーカー製品ページ

キッカーフロッグ背面と腹面
左:背側 右:腹側

メインウエイトにはコネクターアイが設置されていて、ブレードチューン等が容易になっています。

ブレードチューン用のチューンナップブレードは、シルバーとゴールドの2色発売されています。

専用品でなくても、スプリットリング・スイベル・ブレードはお好みのもので組み合わせて大丈夫。

ブレードは基本的に小型のものが相性が良いです。

エバーグリーン(EVERGREEN)
¥698 (2024/07/23 07:25:37時点 Amazon調べ-詳細)

おわりに

キッカーフロッグ製品画像

専用タックルじゃなくてもやりきれるだけでなく、とにかく首振り使いがしやすい。

バスフロッグに必要な各性能が高次元にまとまっているキッカーフロッグ。

ドッグウォークやテーブルターンもしやすく、どこでも扱いやすいサイズ感のフロッグです。

これからフロッグを始める人にもお勧めの逸品ではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です