2.5″ヤマタヌキ(ゲーリーヤマモト)、重さについてと使ってみたインプレ。

しばらく新製品のなかったゲーリーから満を持してのヤマタヌキ。

なんか…楽しそう。

この画像と名前からそう思いました。

最初はね、4インチグラブのイモとどれだけ違うんだろうって。手にするまでサイズ感がよくわからなかったので…。

前情報で目にしていたカラーラインナップと、タヌキっていうちょっととぼけた名前からくる楽しさかげんが良い感じだったので、ちょっと購入して投げてみてきました。

イモの1つの形として使われるのか、タヌキとして地位を確立するのか気になりますね。

※ 3.5インチヤマタヌキ通称「デカタヌキ」についてはこちら↓

ヤマタヌキ重さとスペック

ヤマタヌキ パッケージ画像
ダークブラウン/ブルーギル カラーを買ってみました

全長 : 2.5インチ
自重 : 5.3g

カラー:12 colors
1パック:10 本入り

サイズ的には約2.5インチ、センチにすると約6.5㎝。重さは5.3gほど。

4インチグラブと比較するとメインボディのサイズは近いですがボリュームが全然ちがいます。

ヤマタヌキと4インチグラブの比較画像
ヤマタヌキと4インチグラブ

4インチグラブはそれ自体は約3.5gありますが、テールカットしたイモ状態だと約2.7g。

そうなんです。ヤマタヌキはイモグラブの2倍くらいの重量になってるんですね。

で、これって3インチファットヤマセンコーと同等の重さなんですよ。

重量比較(ヤマヌキ・4インチグラブの身・FATヤマセンコー3in)
左からヤマタヌキ、4インチグラブの身、FATヤマセンコー3in

加えて、ボディの上下にフックスリットが入っています。

ゲーリーのイモ系は今までスリット入りってなかったんですよね。

自分でカッターで切れ目をいれる人もいたので、最初から入っているのは嬉しいポイント。

ヤマタヌキ 全体感と長さ
ヤマタヌキ全体と長さ

あと、ヤマタヌキはボディは丸いですがテール(尻尾)は扁平になっています。

パドルテールよりかなり控えめで、ピンテールより存在感があるこのテールはタヌキのシッポという表現でぴったりかもしれません。

ヤマタヌキ ヘッドとテールからの画像

ルアマガ+によると、代表の河辺さんがインスタグラムで一般の声を聴きながら形にしていった、万能系ワームとのこと。

決してイモとして開発されたわけじゃなさそうですが、この自重を生かしたノーシンカーがメインになるのは間違いなさそうですね。イモ好きの人にとってはバリエーションのひとつとして試す価値はあるんじゃないでしょうか。

というか、シッポをちぎるとそのままスリットの入った使いやすいイモそのものになります。

フックサイズ

スゴイフック#1/0セット画像
スゴイフック#1/0

メーカー推奨はスゴイフック#1/0 又は マスバリ。

TNSオフセットでも試してみましたが、やっぱり#1/0で丁度いいですね。

#1だとちょっとキツさが目立ちますけど、上下にスリットが入っているのでどうにかいけそうです。

ちなみに#2/0も背負えましたが、ライトなタックルでの使用がメインになると思うので、#2/0はあまり出番はなさそう。

ヤマタヌキ TNSオフセットセット画像
TNSオフセット セット例

ヤマタヌキのインプレ

はじめちょっと小さいのかと思ってたんですよ。2.5インチっていう表記だったので。

実際にはイモ化した4インチグラブとはかなり違って、サイズもボリュームもあります。イモグラブよりも確実にワンランク上の存在感です。

全体的にボリュームが増していて、かつテール…いやシッポが付いてるぶん重量が稼がれています。

イモ40と50の間くらいの重量感でしょうか。

万能系と言われるように、ノーシンカーだけでなくライトウェイトなリグ全般と相性がよさそう。優秀なできる子な予感がします。

ヤマタヌキ断面図
塩たっぷり安心のゲーリーマテリアル断面図

上下のフックスリットがけっこう深く入っているので、フックポイントがしっかり隠しやすいですね。フックポイントを身に埋め込まなくても十分なウィードレス性能があります。

まんまるデザインかと思ってたんですが、手にしてみると丸いボディに対してテールはやや扁平で上下に揺れやすそう。

ただよく動くのかというとそんなことはなく、微妙に動いてるくらい。よけいなアピールをしない、動きすぎないのがスレバスには丁度いいんですよね。


とりあえずノーシンカーで投げてみました。

まあ、イモですね。(笑)

なので、ゴロタ場でも使いやすいですし、トゥイッチの誘いで小さいのや、沈みものに絡めたズル引きでも釣れてくれました。

ヤマタヌキ釣果写真

余計なアクションは与えず、ピンに投げて、置いて、ズルッで食わす、そんな使い方も効きそうです。

フォールはTNSオフセット#1/0と8lbラインのセッティングだと、ほんわか水平フォールっぽく落ちたのち、テールを先にしてヒラヒラとフォールしていました。

また、スキッピングもし易いんです。

奥深い桟橋の下なんかにスキップさせながら連続して打っていくような場合ですね、ファットヤマセンコー3inと同重量でも1/0フックのおかげか若干重量感があって。

ずんぐりむっくりボディで重心が安定するのか、スキップ中にも回りにくく安定したスキッピングを続けていけます。

ファットヤマセンコーはノーシンカーで、細長いシルエットのクワセ力を生かした表層、中層フォール系メイン。ヤマタヌキはやはりイモの延長系で、フォールからさらにボトム付近やアクションで誘う各リグで使い分ける感じかなと感じました。

まだちょっと投げただけなのでもう少し試していこうかと思います。

使ってるとスーパーマリオブラザーズ3のしっぽマリオのイメージがわいてくるので(古い…)、楽しみで使い分けるのもいいかなと思いました。

タックルセッティング

5g程なわりに重量感があるので、スピニングならLクラス、ベイトならベイトフィネスタックルからMLクラスのライトベイトスタイルで快適に扱えそうです。

今回はノーシンカーで扱うのに61Lにレアニウム2500のタックルで、PE1号にフロロリーダーの組合せで使ってみてきました。

Lクラスで丁度いいと思います。ULだとちょっとティップが負けそう。

ベイトはベイトフィネスはもとより、MLクラスの竿に20タトゥーラ+フロロ10lbのライトベイトタックルでも十分いけました。

むしろ丁度よかったくらいですね。

ヤマタヌキはフックと合わせて総重量6gほどなので、風が吹き出すとカバー周りに十分なアキュラシーを確保するのはちょっと辛め。

おわりに

たんたんタヌキのヤマタヌキ―

ノーシンカーで使う分にはイモグラブ系自体が釣れるのと、このサイズだと小さな違いでどのくらい釣果に影響するのかよくわからないっていうのが正直なところですが、

どっちにしろゲーリー素材でこのサイズじゃ釣れっちゃうのは間違いないと思います。

ライトベイトタックルで普通に扱える重量になってるっていうのが、使い勝手をとても良くしていますね。

ゲーリーの今までのイモ系はスリットがなかったので、近頃は当たり前のフックスリットですがなんだかとても有難みを感じてしまいました。

適正フックも#1/0の設計になったことでかなり使用幅が広がったと思うので、これからの時期もう少し使い込んでみようかと思います。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)
¥796 (2022/09/27 21:16:09時点 Amazon調べ-詳細)


■その他ゲーリー製品についての記事■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。