じゃあ「タイニーワイルドピーナッツ」はどうなの?ウィーワートなの?

オリジナルのワイルドピーナッツ自体が小ぶりなルアーなのもあって、タイニーの方はそんなに興味なかったんですけどね。

気になるじゃないですか。

ワイルドピーナッツがウイグルワートのフォローベイトなら、タイニーワイルドピーナッツはウィーワートなの?って

いいえ、違いました。
(あくまで個人の感想です笑)

オリジナルサイズについてはこちら

スペック

■サイズ:40mm=5.2g
■潜行深度:1.5m
■フック:サクサス加工トレブル#7
■カラー:オリジナルサイズ同様全8色(全てザリカラー)

詳しくはダイワHP

オリジナルを全体に小さくしたような感じでリップ形状や角度ともオリジナルとほぼ同一に見えます。
固定重心のサイレント仕様も同様です。

変化しているのはフロントフックのアイポジションがリップの付け根に移動されていて、これによって絡まずに7番フックを搭載できるのと、ボディ全体の空気を確保することによる高浮力化に狙いがあるんだと推測します。

40mmクラスのスモールクランクだとフックサイズは8番が乗っていることが多いのですが、タイニーワイルドピーナッツは1番手大きい7番のフックが乗っているのはいいところ。

もちろんオリジナル同様サクサスフックで、他のピーナッツシリーズに初期搭載されるフックとは違っています。値段も若干違いますが、ダイワのワイルドピーナッツに掛ける意気込みを感じますね。

個人的には多少高くなっても最初からいいフックが付いてるほうが嬉しいですね。

ラインアイはリップ中央にあり、へこんでいる上、付いているスプリットリングのサイズも小さいのでリング交換やスナップの取付はしにくそうです。

ラインアイがへこんでるのとフロントフックがリップ付け根まで前出しされているのはウィーワートそっくりです。

タイニークランク比較

スモールクランクとしてメジャーどころのタイニーブリッツDRやクラッチDRと比べると

タイニーブリッツDR:45mm6.7g
クラッチDR:42mm6.6g

の設計なので40mm5.2gのタイニーワイルドピーナッツはそれらよりさらに小ぶりであることがわかるかと思います。

重量がないかわりにボトムクランクらしく高浮力な設定になっています。

ウィーワートとの比較

タイニーワイルドピーナッツとウィーワートとの比較
ウィーワートとの比較

ウイグルワートに対するワイルドピーナッツのときと同様にタイニーワイルドピーナッツのほうがスマートです。

似て見えますが、ウィーワートはラトル入りで手元のもので7.8gありかつ浮力も高くはないので、ノンラトル5.2g高浮力のタイニーワイルドピーナッツとは設定時点でかなり違いがあります。

アクションは共にワイドではありますが、その軌道や引き感はまるで違って、ワイドアクションかつ中層でも左右に飛びながらホントにまっすぐ泳がないウィーワートと比べると(ワイルドピーナッツの売り文句はウィーワートのためにあるんじゃないかとさえ思う…)、タイニーワイルドピーナッツのほうがより安定している分潜りますし、見せてくれる世界観はまるで違うものですね。

ウィーワートの他に類を見ないあの独特の泳ぎを知る人から見れば、フォローベイトでもなんでもなくこれは別物に感じると思います。

同じノーマルリトリーブでも、破綻寸前で安定領域にいるタイニーワイルドピーナッツと、破綻側に踏み入れているものを無理やりコントロールしてアクションを出しているウィーワート・・・といった感じでしょうか。

ウィーワートは、確かに現代受けするルアーではありませんが、未だに熱狂的ファンがいるのも頷けます。

つい気になったので比べてしまいましたが、もっとも、そもそもがウィーワートを目指して開発するということをしていないと思います。笑

アクション

公式から水中動画がYouTubeに上がっています。

インプレ・使用感

とりあえず投げてみた感じ軽いなと、いや当たり前なんですけどね。

ちょっとライトな低弾性カーボンのハードベイトタックル
懐かしのラッキークラフトLC63R+フエゴCT103H+フロロ10lbラインでやってみたら重さが乗らなかったですね。

だいたい普通のベイトで遊ぶには使い慣れてるタックルで投げれる下限の重量感かと思います。

クラッチDRとかはこのタックルでギリいけるんですけど、さすがに5gだと飛ばせはするけど中距離のアキュラシーは数投しながら調整していく感じで、一発で決めるのは厳しい感じです。

気持ちよく投げたいならスピニングやベイトフィネスタックル向けです。

破綻寸前とか真っすぐ泳がないは言い過ぎな気もしますが、タックルセッティングにもよるのかもしれないけれど普通に巻けば普通に潜っていきます。

ただ限界で水を噛んでいるというだけあって、ゆっくり引いてもふらつくようにチドりながら潜っていきます。

早巻きすると偏りはしますが一回転したりはないですね。ウィーワートは回ります笑

エイトカンをリップにもっていって空気室が確保されている恩恵もあってか、浮力は同クラスのスモールクランクと比べてもかなり高いと感じました。

小ぶりが故に振れるのか、そう見えるのか、オリジナルより僅かに強いくらいの頭部を中心にした凶悪な尻振りをみせます。若干ですがロールは弱くなった印象。

スモールクランクとしてよく使うタイニークラッチDRもしっかりとしたウォブリングをみせるほうですが、それよりさらにより大きいですね。

アクションも引き抵抗もこのクラスにしてはかなり強いので、スモールクランクの中の強い部分にローテーション入りさせてもよさそうです。

タフな状況やスモールクランクのクワセ力が生きる状況のなかでさらに、タイトとかナチュラルとかどこ吹く風とばかりにワイルドな一発を食らわす選択肢でしょうか。

ラトリンタイニーワイルドピーナッツ

21年3月、タイニーワイルドピーナッツのラトリンモデルが発売されました。

ラトリンタイニーワイルドピーナッツのパッケージ画像
ラトリンタイニーワイルドピーナッツ

・全長40mmでウエイト5.0g。
・カラーラインナップも目の色以外全く同じ。
・重量だけが若干軽くなってます。

ラトリンワイルドピーナッツのところでも書きましたが、同じボディ、同じカラーラインナップで目の色だけが違います。
ラトル無しの目→赤色 ラトリン→黄色

重量が若干軽くなったのは、腹部のウエイトボールを小さくして、ウエイトルームの中で遊ぶようにしてラトル音を出す設計のため。

通常のピーナッツSR、DRはふたつのウエイトが動いて複雑な音がしますが、ラトリンワイルドピーナッツは低音ぎみの控えめなコトコトワンノッカー音。

濁った状況などで存在感を際立たせることができそうです。

おわりに

ウィーワートのような独特の世界を体現するものではなくて、そのままにワイルドピーナッツのタイニー版という認識でいいと思います。

秋冬の石積みまわりで使い分けてみようかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。