イモグラブについて。基本的理解と経緯、使い方。派生まで。

「なにで釣れたのー?」
「イモだよー」
「イモかー」

よーく考えるとちょっと不思議なんですけどね、

聞いたひとが納得してしまう響きがありますよね。

余計なものはいらない。シンプルイズベスト。

そんなイモグラブについて書かせてください。

イモグラブとはなにか

ゲーリーヤマモト4インチグラブをテールカットしたものが発祥で、愛称でイモグラブ、イモと呼ばれました。

イモグラブ作り方

同じに見えるゲーリー製品でも製品によって取扱会社がちがって、日本ではゲーリージャパンが正規代理店としてあり、スミス、ティムコ、フィッシュアロー等がOEM商品として展開してるなか、スミスがゲーリーヤマモトに依頼して作った代表的なワームにイモグラブがあります。

ゲーリーヤマモトのグラブシリーズをテールカットしたものと、スミス社がゲーリーヤマモトに依頼して作ったイモグラブシリーズを総称して「イモ」と呼ばれます。

スミスイモグラブ
イモグラブ50

他製品のイモ型、高比重虫系ワーム等はそのまま製品名で呼ばれることが多いです。

一般に最も多様されるのが4インチで、ゲーリーヤマモト4インチグラブのテールカットを好む派と、スミスのイモを好む派に別れますね。

ちなみに私は前者です笑

テールが取れちゃったけどそれがまた釣れちゃうというちょっとふざけた感じというか愛嬌を含んだ意味での「イモ」が好きなのと、テールの切り方に人によって個性があるので見ていても面白いんです。

発祥

元々はバス釣りのベーシックワームの一つ、ゲーリーヤマモト4インチグラブのテールを取ったものが釣れるということが発祥となりました。

ゲーリー4インチグラブ

元来やわらかいゲーリー素材ですから、意図せずに4インチグラブをイモ化して釣っていた人も全国にいたんではないでしょうか。

それがあえてテールを取って使うという使用法が声高に言われだしたのは90年代中ごろ、センコーが発売される前だったと記憶しています。

ツネキチ(今で言うダウンショット)全盛のなか、数年経ったところで、スレバスへのアプローチの1つとして、そのアピールのなさやサイズ感が食わせのライトリグの1メソッドとして光をあびた気がします。

オールレンジワームAR45等フォローベイトを多数生み出し、今でもスミス社よりイモ使用に専用設計されたワーム、イモ30、40、50、60が販売されています。

このころから高比重ワームのノーシンカー使用が拡大していったかと思います。

イモという概念・派生

重要なのはイモグラブという製品に囚われず、余計なパーツを除外したシンプルな身としての使用にメリットがあるということです。センコーやフリップドムなんかもそうですね。

パーツが一切ないので余計なアピールはせず、抵抗がないことで飛距離をだしやすく、スキッピングもしやすいなど単純な形状ならではの特徴を持ち合わせています。

スレンダーグラブやジャンボグラブ、ファットイカなどでも状況に合わせて様々なワームがイモ化できます。それだけで釣れるんだということが面白さと、ワーミングテクニックに広がりを生みます。

使い方

ノーシンカーでの使用が基本になります。

サーフェイスからボトムまでロッドワークしだいで、フォール、中層よたよたリトリーブ、トゥイッチ、ズル引きとなんでも使い勝手は良いです。ネイルシンカーを使った調整も効きます。

ただ多くの心をつかんだなによりの特徴はイモグラブ自体が一口サイズかつ強くアクションするパーツがないからこそ、その弱さがローインパクトでいわゆるスレ気味なバスに効果的であるということでしょう。

そういう状況で生きるからこそ、図らずも放置状態になったしまったときに気付いたら食ってたという経験がある人も多いと思います。

夏場や活性のあるときはフォールの釣りでラインを走らすのも面白いですが、ただ上記の特徴がありますので、個人的には最大の生かし方はバスの警戒心の高いときやボトムを這うものに興味を持つけれど食いきれないときなどシビアな状況でのスローなズル引き&スタック外しです。

私の場合は霞でいうなら、シンカーを使うのが辛いハードボトムや水門の澪筋まわり、複雑なボトムの沈みものでデイタイムに一本を絞り出す。そんなときに選択肢の一つになります。

ゆっくりズル引いて、ひっかけて、待って、プルンとハズす。そんな使い方がメインになります。

4インチであればスピニングタックルのUL~Lパワーのロッドにフロロ4lb~5lbあたりのセッティングがベストかと思います。

作り方

ゲーリーのグラブを用意します。基本は4インチグラブです。

テールを切ります。おわりです。

切り方にはアングラーによってスタイルがあり、キレイに切る、縦に適当に切る、小魚のテールのように造形して切るなど人それぞれです。

スミスイモグラブを使用する場合はなにもする必要はありません。

フックサイズ
基本的にオフセットフックを使用します。
4インチグラブをテールカットする際は当たり前ですがテールカット前とフックサイズは変わりません。笑
メーカーによって#1番又は#1/0番で丁度です。

下はTNSオフセット使用の場合。

イモグラブのフックサイズ

#1でも#1/0でもどちらでもいけますが、私はボトム使用が多いので僅かながら重量を稼ぐのに#1/0を使用することが多いです。

スミスイモグラブの場合は
30サイズ#4 40サイズ#1~1/0 50サイズ#2/0 60サイズ#3/0~5/0
となっています。
詳しくは→メーカーHP

ネイルシンカーを入れる場合は、飛距離重視ならしっぽのほうに、水平フォールさせたいならお腹の中央を目安にいれるといいでしょう。重さはつかうイモのサイズやタックルに合わせてお好みで。

ネイルシンカーを入れる場所によってフォール姿勢を調整するのも楽しみの一つです。

イモラバ

近年はイモグラブにラバーチューンを施したイモラバとされるものもあります。

虫系に寄った特徴がありラバーの分抵抗が増えるのとラバーの複雑な動きが追加されるので、よりピンスポットでのクワセ能力に長けています。

自作するので人によって作り方に好みがあって面白いですね。薄く作る人からもじゃもじゃにする人まで…なかにはエビイメージでヒゲだけつける人も。

ワームにラバーを通すツールとお好みのラバーを使用します。

釣具屋さんでもラバーチューニング用のツールが安価で売っていますが、

ちなみに糸通しはダイソーで買うとより安く入手できます。

ダイソー糸通しセット

ラバーはお好みで。

シリコンスカートサンプル

糸通しをワームに刺して、ラバーの隅をはさんで引き抜きます。

好きなように通して出来上がりです。

イモラバ制作例

短冊イモグラブ

短冊イモグラブ

私の知る限りだと1999年ごろ、イモグラブをさらに半分にスライスしたもの。
もうね、ここまでくると針についてりゃなんでもいいのかって面白さがあります。

存在がかなり小さくなるので派手目のカラーがいいかもしれません。

ノーシンカーでは使いきれませんが、ダウンショットやスプリット、キャロ系で使用するとギルバイトを含め魚の反応を得られます。管釣りなんかでも手段の一つに。

夏場のダム湖で、ヘラボールの作るシェードの下、中層に浮いてるバスを狙ったとき。縦の抵抗が少ないので、1/2ozのショートシャンクのフットボールジグヘッドにセットしたファストフォール仕様にして落としたら一発でグッドフィッシュを獲れたりした経験もあります。

イモメタル

2020年2月15日の「おさかな調査団」の動画が国内初出だと思われますが、2.2g以上の重めのネイルシンカーを尻尾がわに入れて頭にマス針をかけて使うイモメタル。

イモ40をトゥイッチ&フォールでメタルバイブのように使うという使い方もでてきました。

よく考えたなーと思って霞のブレイクエッジなんかでちょっとやってみたんですが、根掛かりしない場所だと普通のメタルバイブの方がリアクション効果や釣りのスピードは速くできそうです。

釣れてないんですが使うタックルや場所によっては便利そうなので、また機会を見て遊んでみようと思ってます。

おわりに

もはやメジャーメソッドの一つとして地位を確立しているイモグラブ。

だけどそもそも、4インチグラブってすごいですよね。

グラブとしてジグヘッドやテキサス、ノーシンカーで使えて、ときにはジグのトレーラーにしたりイモにしたり。具としての存在が優秀だと応用力があるんですね。持ってて便利です。

なので個人的には4インチグラブのテールカットで元祖イモすることをお勧めしておきます。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)
¥748 (2022/09/28 00:24:44時点 Amazon調べ-詳細)
スミス(SMITH LTD)
¥814 (2022/09/28 00:24:44時点 Amazon調べ-詳細)


■その他ゲーリー製品についての記事■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。