ドカットD-4700どのくらい入る?タックルボックスとしての収納力を実際の使用ケースから

イスにもなる頑丈さからタックルボックスとしてかなりメジャーになったドカット。

1番使われているのが4700サイズかと思います。

私も使用しているのはD-4700で、スタンダードな赤色です。

今回は実際に細かくルアーやアイテムを収納したらどんな感じでどのくらい入るのか。

購入を迷われている方に向けて使用イメージをお伝えできればと、

参考の一例に恥ずかしげもなくIN SIDE HIS BOX (古い笑)したいと思います。

どれだけ入るのか

リングスターの製品ページによると

本体サイズ:幅465×奥行333×高さ322mm容量約27L

とのことですが、実際の使用でどのくらい入るのでしょうか。

これだけ入ってました。笑

まだ少し余力があります。

私はレンタルボートからオカッパリ、人のバックシート等けっこうスタイルが変わるので、できるだけ小分けにしてまとめて、出し入れが効くようになってるスタイルですね。

ちなみにバーサスの3010NDMが縦置きで6個、マルチケースLLを平置きで8個4段入れて、ダイワのランカースケールを挟んでぴったり中皿がはまります。

中皿

付属の仕切りを入れて使っています。
右側1/3にプライヤー、ハサミ類と頻繁に使うフック類をパッケージごと入れてあります。
あと日焼け止めとか。

左側2/3は同様にフック類ですがこちらはまとまったもの。
リューギのフックケースやメイホーの小物ケースVS-320等が横向きにしても余裕をもって入ります。

うまく段差を調整すると二つ折りの小物ケースを開いたまま入れておいて、より取り出しをしやすくするというようなこともできます。

私はメタルバイブ入れにしているのですがメイホーのルアーケース Sあたりは横幅ぴったりです。
ちなみにマルチケースFやルアーケースFだと横幅ビタビタぴったりで3段置けます。

小物類が多い方はこの辺を上手く使うだけでもけっこうシステマチックにできるのではないでしょうか。

よく使うルアーをちょっと置いておいたり、使い終わったあとのルアー類を放り込んで乾かすのに使ったりするのに少し余裕をもたせてあります。

下段

下段。
右側に縦置きで定番化しているハードルアーをバーサスの3010NDMで4つとブリスターパックのシャッドテールワームを。

左側にジャンル別に定番化したワーム類と小物を、偏らないように平置きで積んであります。

オカッパリのときなどは使う箱をそのままショルダーバッグやポケットに入れて歩いてく感じです。

ジグ箱とかスモラバ箱とか、そんな感じですね。

その上にスピナべケース、時期モノルアーケース、その他ワーム類、予備のリール、ラインから回収機まで、どちゃっと乗せてしまってます。

マルチケースLLを6個3段置いた上に、一回り小さいケースを2つ乗せています。

あまり特化的なつくりにはなっていなくて、各ジャンルバランスよくまとめてるつもりなんですが、実際これだけ入ると結構な量になります。

こんな小さいケースでもけっこうスピナべって入っちゃうんですよね。

収納に悩むワイヤーベイトですが、私は今カラーをホワイト系のみに絞り込んでいるのでけっこう小型ケースで間に合ってしまいます。

インプレ

どんな状況にも対応してキーパーを揃える人と、ディープクランクやフリッピングといった1つの釣り方をやり通すタイプの人と2通りタイプって別れると聞きます。

私は対応力を考えながらも好きな釣りしてたい中途半端タイプです。笑

またレンタルボートからオカッパリ、他人のバックシートまでその時々で状況が変わるのと、完全に自分の意思で釣り場、釣り方を選べるばかりでもないので、どうしても対応力を考えて荷物が多くなるんですね。

朝結んだものが帰りまでついてたりすることもよくあるんですけどね。笑

感覚的な話ですが、タックル4,5本で幅広く考えても1日色々あってもまあまず大丈夫でしょうと感じる収納力がドカット4700で丁度でした。

ドカットは3サイズありますが、4500は小さいし5000は大きいけどもスペースと持ち運びにちとキツいっていう。一番汎用性があって幅広く使える4700が私にもやっぱり丁度よかったです。

実際にはアブガルシアのバッカン40でもいいくらいなんですが、頑丈さとイス代わりになる点でドカットの方を使っています。

ボーターのときはキャスティングシート使っちゃっても、桟橋で休むときとか人の後ろに乗るとき等に活躍します。

蓋がどちらからでも開けられるのも便利ですが、私はそれ以上に蓋をとっちゃえることに利便性を感じますね。どうしても濡れたものを入れることになるんですが、多少なら取っ手を挟んで半開きで乾かしておいたりもできます。

ただ酷い雨のときやかなり水分が入ってしまったときなどは、乾かすのにも中身を出して拭くにも、蓋がないほうが作業性がいいです。

そんなこんなで私はタックル類は全部ドカットにまかせて、ライジャケやカッパ、魚探や簡易工具のボート用品からお弁当までをソフトバッカンにまとめて、小荷物はだいたいこの二つで完結するようにしています。

誰かの参考になれば幸いです。

リングスター(Ring Star)
¥2,121 (2022/09/27 20:31:58時点 Amazon調べ-詳細)