※当サイトの記事では、商品・サービスの紹介にアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

ドカットD-4700どのくらい入る?タックルボックスとしての収納力を実際の使用ケースから。

イスにもなる頑丈さからタックルボックスとしてかなりメジャーになったドカット。

・D-5000
・D-4700
・D-4500

と、大中小3サイズあります。

中でも、1番使われているのがD-4700サイズかと思います。

私も使用しているのはD-4700で、スタンダードな赤色のもの。

今回は実際に細かくルアーやアイテムを収納したらどんな感じでどのくらい入るのか。

購入を迷われている方に向けて使用イメージをお伝えできればと思います。

どれだけ入るのか


容量ですが、リングスターの製品ページによると、

本体サイズ:幅465×奥行333×高さ322mm容量約27L

数字だとなかなかわかりにくいですね。

実際の使用でどのくらい入るのでしょうか。

バカッと開けてこれだけ入ってました。

まだ余力があります。

私はオカッパリからレンタルボート、人のバックシート等、その時々で釣りのスタンスが変わりやすいので、できるだけ小分けにしてまとめて、出し入れが効くようになってるスタイルです。

ちなみにバーサスの3010NDMが縦置きで6個、マルチケースLLを平置きで8個4段入れて、ダイワのランカースケールを挟んでぴったり中皿がはまります。

なかなかの収納力です。

中皿

付属の仕切りを入れて使っています。

右側1/3にプライヤー、ハサミ類他あと日焼け止めとか。

左側2/3はフック類です。

リューギのフックケースやメイホーの小物ケースVS-320等が、横向きにしても余裕をもって入ります。

うまく段差を調整すると二つ折りの小物ケースを開いたまま入れておくこともできます。

私はメタルバイブ入れにしていますが、メイホーのルアーケースSは横幅ぴったり。

ちなみにマルチケースFやルアーケースFだと横幅ビタビタピッタリで3段置けます。

小物類が多い方はこの辺を上手く使うだけでも、けっこうシステマチックに収納できるのではないでしょうか。

よく使うルアーをちょっと置いておいたり、使い終わったあとのルアー類を放り込んでおいて乾かすのに少し余裕をもたせてあります。

下段

現状下段はこんな感じ。

右側に、縦置きで定番化しているハードルアーをバーサスの3010NDMで4つと、ブリスターパックのワーム類を。

左側にジャンル別に定番化したワーム類と小物を、偏らないように平置きで積んであります。

ジグ箱とかスモラバ箱とか、そんな感じですね。

その上にスピナべケース、時期モノルアーケース、その他ワーム類、予備のリール、ラインから回収機まで、どちゃっと乗ります。

マルチケースLLを6個3段置いた上にまだ余裕があります。

性格がら各ジャンルバランスよくまとめてるつもりなんですが、実際これだけ入ると結構な量になります。

インプレ

好きな釣りで通したいと思いつつ、どうしても対応力を捨てきれずに荷物が多くなるんですよね。

朝結んだものが帰りまでついてたりすることもよくあるんですが…。

感覚的な話ですが、タックル4、5本でどれだけ可能性を考えても1日やってまあまず大丈夫でしょうと感じる収納力がドカット4700で丁度でした。

ドカットは3サイズありますが、4500は小さいし5000は大きいけどもスペースと持ち運びにちとキツいっていう。

一番汎用性があって幅広く使える4700がやっぱり丁度良い。

そして頑丈さとなによりイス代わりになる点もハズせません。

キャスティングシートがあったとしても、桟橋で休むときやバックシートに乗るとき等に活躍します。

蓋がどちらからでも開けられるのもなにげに便利。

でもそれ以上に蓋を外せることが強いですね。濡れたものを入れたり、雨水が入ったあとに乾かすのが楽です。

おわりに

タックルボックスとして十分な容量があり、頑丈なイスにもなるドカット。

釣りのスタイルは人それぞれですが、D-4700は買って損することのないサイズだと思います。

仮にタックルボックスとして使わなくなっても、工具などの便利な収納として活躍しますね。

以上参考になれば幸いです。

リングスター(Ring Star)
¥2,660 (2024/04/17 02:35:17時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です