※当サイトの記事では、商品・サービスの紹介にアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

ニシネルアーワークス「チッパワRB」について。

チッパワRBは、ニシネルアーワークスから初のインジェクション成型モデルとして発売されたクランクベイト。

製作者である西根さん本人の人柄と相まって人気になりました。

西根さんのところのルアーはどれも良い雰囲気がありますよね。

15gの重量と、タイトアクションのわりに存在感のある引き感。

使いやすいだけでなく、意外と他にはないタイプのクランクベイトでした。

チッパワRB

チッパワRB製品画像
ChippawaRB ブラックシャッド
重量15g
全長62mm
フックIchikawa Kamakiri  Treble #4
希望小売価格​1,760円(税込)

メーカー製品ページはこちら

名前の由来は、ナイアガラ地方にあるチッパワクリークと言う川の名前。

コンセプトは、「1日中投げ続けることができるルアー」。

チッパワRB前面リップ画像

RBは、ラウンドビルの略。

チッパワRB背面ネーム画像

特徴的なファットフラットサイドボディ。

ノッカーサウンドモデルと、サイレントモデル、スローフロートモデル(サイレント)があります。

潜行深度は約1.5m(フロロ16lb使用時)。(スローフロートモデルは重量16.5g / 潜行深度1.8m)

チッパワRBパッケージ裏

このボディをベースにチッパワRB BLADE、チッパワDD BLADE、チッパワXDDなど派生モデルがあり、システムクランクとして展開しています。

インプレ

チッパワRB釣果画像

一般に多いクランクベイトはボディ50mm台で3/8ozクラス10g前後のものではないでしょうか。

チッパワRBは62mmウエイト15g。

比較的大きめで重めで、この重量感は使いやすく感じます。

上手くロッドを曲げてキャストできれば、投げやすくキャスタービリティもアキュラシーもしっかり出る重量。

じゃあ重いぶん浮力が削られるのかというと、ボディ内部の余計なパーツを一切排除したシンプルな設計と、大きな空気室によって十分な浮力を確保しています。

チッパワRBのリップは、小ぶりなラウンドビルタイプなので引き抵抗は重くありません。

本人もおっしゃる通り、1日巻けるクランクベイトとして重要な、強すぎない巻き感を実現。

とはいえ、ファットなボディによる水噛みのおかげで、クランク巻いてるっていう引き感はちゃんとあります。

アクションはタイトで、アクションが強すぎて嫌われる心配はない感じ。

ブリブリ系ではないので、濁りの入る状況で扱うとアピール力に多少の不安も感じます。

潜行角度は浅めなので中層で使いやすい。

14lb程度のラインでロングキャストしなければ1.2mくらいのレンジでも扱いやすく感じます。

サーキットボード製のリップを見ればわかる通り、ボトムクランクではありません。

なので石積みやハードボトムに当てすぎるとリップが削れます。

使いやすいって大事だなって改めて思いました。

ウッドカバーは舐めるようにキレイに抜けてきます。

このアクションが~とかっていうのもやっぱりシビアになる時もあるんだけれど、そうじゃないとき。

ある程度活性がある魚を想定して流したり探してく状況では、リズム良くキャストし続けられるっていうのも重要なポイントなんだなと。

もちろん釣れるアクションなんですけどね。

特にバックシートで釣るとき、キャストも決まりづらくなるし、慌てて回収するようなタイミングっていうのも出てきますから、しっかりと重量があるのと、巻きやすいっていうのは地味に効いてくると感じました。

チッパワRB腹面フック画像

フックは、イチカワフィッシングのカマキリトレブルの4番が乗っています。

これがアメキャに身をよじられたりハクレンやソウギョがスレ掛かったり、もういろんな魚がいるカスミ水系では安心の使い心地。

ホントに頑丈で、フックを壊される被害は今のところありません。

このフックを刺しきるのと、重めのウエイトをしっかり投げれるように、やや強めのMクラスの巻き物タックルで使うのが気持ち良く感じます。

カラー

ニシネルアーワークスのルアーは、国産ルアーではなかなか見ないような雰囲気のカラーばかり。

人によって好みは別れるかもしれませんが、ふしぎなソフトさの柔らかいタッチのカラー感になっています。

チッパワRBブラックシャッド水濡れ

個人的にはブラックシャッドがお気に入り。水に濡れた時に湧き上がるような輝く青がたまりません。

全体的なデザインも良くて、眺めてるだけで一杯飲める雰囲気。

アクション動画

公式からアクション動画が公開されています。

おわりに

チッパワRBパッケージ画像

チッパワRBは、西根さんなりにクランクベイトとしての基本性能を追求した結果、ハイレベルに完成されたクランクベイト。

アクションは弱めなわりにクランクベイトとしての存在感はしっかりとある。

愛くるしい雰囲気と共に、投げても巻いても気持ちよく使っていけるルアーです。

ニシネルアー(Nishine Lure Works)
¥1,715 (2024/02/29 21:27:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク