※当サイトの記事では、商品・サービスの紹介にアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

deps「スリザーク」使用インプレッション。

スリザークは、人気メーカーdepsから販売されているバス用フロッグ。

2011年発売。人気の木村建太プロがプロデュースしたこともあって、販売からしばらくは入手困難な状態もありました。

とりあえず触った感じ、

・薄く柔らかく空気抜けの良いボディ
・フックとボディの間にある少しの遊び
・外向きのフックポイント

掛かりを直感する設計です。

depsスリザークの浮き姿勢。
深く水平に入る浮き姿勢。

加えて喫水が深い。

バイトミスで悔しい思いをすることもあるフロッグゲームにおいては、バスの口の中への入りやすさを感じてなりません。

一方で感じるのは、ヘビーカバーと闘うフロッグではないということですね。

柔らかいマットカバーの上を引くには問題ないですが、ガシャガシャの立体的なウッドカバーと戦うと、やはりフックポイントが枝等を拾いやすくなるのは仕方のないところです。

またボディの厚みが薄いのか、ガチなブッシュカバーとガシガシブチブチ闘うとヘッド回りが裂けたり、茂みを貫いて落とすための重さも足りなく感じます。

deps SlitherK

depsスリザーク ビジブルブラック製品画像。
depsスリザーク ビジブルブラック
LENGTH61mm
WEIGH3/8oz

メーカー製品ページはこちら

実重量10.8g(乾燥時)。

インプレ

depsスリザーク背面と腹面画像。

シャープノーズなのとテールがボディ幅に収まっているせいか思ったよりスライド幅もでます。

ウエイトは軽め。

一般的なフロッグと比べると、キッカーフロッグでも12.8g程あるので、約11gのスリザークはやや軽めです。

ポッパーフロッグジュニアが10.5gなことを考えても普通のフロッグよりワンランク下の重量感。

左からポッパーフロッグJr.、スピンテールフロッグ、キッカーフロッグ、ダイビングフロッグ、スリザーク。

ウエイト位置も中央よりなため飛距離は出しにくいかと思いきや、重さ相応には飛びます。

飛行姿勢も安定していて、近中距離であればそんなに気になりません。

むしろ重量とウエイト位置のせいか、着水音がいい感じにポトフッて納まりやすいですね。

そのせいかは微妙ですが、着水後のステイでストライクが出る率が高いような気がします。

ボディの柔らかさは感動もの。

ただ柔らかいからこそ衝撃等でボディが凹んで戻るような時に、水を吸い込みやすくなるのは致し方がないところでしょうか。

そこは使う状況によって好みが分かれると思います。

ウエイトが軽めなのもあって操作感も軽めです。

動かしてる感じは低トルクサクサク系で、初動で頭を横に向けたり、上手に首振りを続けるには少し神経を使います。多少慣れも必要に感じます。

そういう意味ではフロッグに慣れてる人向けかもしれません。

depsスリザーク側面画像。

存在感はつよくない。

へこんだ側面が捉えた水をよくかき回す設計とは言いますが、水面が少しさざ波立つような状況だと存在の弱さを感じるようになります。

瞬間的なトゥイッチで多少のポップは出せるとはいえ、存在感はどうしても弱くなります。

depsスリザーク釣果画像

なので、水面が静かな時に掛かり重視で使いたいのがスリザークです。

おかっぱりで岸際に近距離から静かに落とし歩くとか、ボートならアフター時期に吸い込みや掛かり重視でカバー周りを攻めるっていうのが今のところの役回りになっています。

ラビットファーの尻尾ですが、最初はおまけで付いてるような感じも受けました。

ノーアクションでステイしてるときに、ゆっくり浮いてきた魚が見切って食うのを止めたっていうことが今のところないので、だんだんと信じて待てるキーポイントに変わってきましたね。

着水放置で食わす使い方のときの信頼感は高いです。

外部ウエイトにはフック形状に合わせた凹みがあって、フックが半固定される仕組みです。

2、3本釣るとボディに嵌めてある外部ウエイトのフック側が、めくれるように外れやすくなってきました。

こうなるとより水が入りやすくなります。

個人的には時々の水抜は手間に感じないので多少の浸水は気にしないのですが、長時間使用するには補修の必要も感じます。

depsスリザーク ラインアイ画像

気になったのは稀にラインが謎の知恵の輪状態になっているときがあって。

よく見るとラインアイの根元の閉じに少し甘さがありました。

スリザークをいくつか見てみたところ、ここの閉じ方にはどうやら個体差があるよう。

おわりに

スリザークは兄弟分のバスターク共々シーズン中は未だに人気が高く、実績も高いフロッグです。

フックアップを考えた設計な上、基本性能も高いフロッグになっています。

多くの場合主流になるだろうライトカバー周りでのフロッグゲームでは、フッキング率がとても大事になるので、その点は心強いですね。

出典:deps

ちなみにSlitherKはアメリカでは「スリザー ケイ」と呼ばれるらしいです。

slitherには「ズルズル滑る、スルスル滑るように進む、蛇のように這って進む」といった意味合いがあり、KはキムケンのKだとして、水面を這うキムケンフロッグ的な意味合いで名付けられているんじゃないかと推測します。

deps(デプス)
¥1,477 (2024/07/23 00:23:25時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です