※当サイトの記事では、商品・サービスの紹介にアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

ノリーズ「サンカク“コ”ティーサン」使用インプレ。

サンカクティーサンがわりとイケてたので、自然とコティーサンにも興味がわきました。

1インチサイズダウンしたボディのボリュームはよりライトでフィネスに。

それでも重めのウエイトのシンカーを咥えられるので、使いやすさはそんなに変わらないなと感じます。

ノリーズ サンカクコティーサン

サンカクティーサンとサンカクコティーサンの比較画像
左:サンカクティーサン 右:サンカクコティーサン

メーカー製品ページはこちら

ボディサイズ: 4″ / 103mm
フックサイズ: #1オフセットフック
重量: 約4g
入数: 9pcs.
価格: 700円(メーカー希望本体価格(税抜き)です。)

(フックサイズはメーカーや製品によってバラつきがあります。)

オリジナルサイズのサンカクティーサンについてはこちら。

サンカクコティーサンは、サンカクティーサンのダウンサイジング版として2020年に発売されました。

コティーサンのコは「小」。

特徴であるT字形状と複雑な水押しを維持しつつ、パワーフィネスでサンカクティーサンのようにカバーに引っ掛けた使い方から、ライトタックルで普通に操作して、オープンウォーターのボトムでも釣っていくことも考えた設計。

低ウエイトシンカー、ライトラインを前提に調整がし直されています。

コティーサン+ジャッカルハンマーネイル3.5g+TNSオフセット#2

コティーサンは小さくなった分サイズ感がシビアになって、TNSオフセットで使った場合は#2サイズでボディまでかかるくらい。

個人的にはリューギのインフィニで使っても#2サイズで丁度いい感じです。

ライトウエイトシンカーで使いやすくなっていますが、ハンマーネイル3.5くらいまでは難なく入ります。

インプレ

サンカクコティーサン釣果画像

オリジナルティーサンと比べると、見た目以上に軽さと弱さを感じる使用感。

まさしくベイトフィネス~スピニング向きって感じ。

3.5gのシンカーを咥えられたので、MLくらいのいわゆる強めのベイトフィネスタックルであれば十分扱っていける重量にまとまります。

実はパーツも含めて小さいぶん、カバーへの入りとか抜けはコティーサンのほうが良かったのは予想外でした。

T字の付け根がフレキシブルすぎてフックが回ってフックポイントが枝を拾いがちだったオリジナルと比べると、枝ヌケや回収時の安定性もよかったです。

ただ、パワーフィネスタックルでない限り、どうしても使えるラインやフックもライトになるので、限界はありますけどね。

小バスがビチビチするとすぐ飛んでいってしまうので、デコイのシリコンリング(WH-03 ボディーリング#Mクリア)を付けたらずいぶん解消されました。

デコイ(DECOY)
¥253 (2024/04/16 11:47:20時点 Amazon調べ-詳細)

おわりに

コティーサンのほうがカバーの出し入れがし易かったのは意外でした。

フィールドにもよりますが、カバーまわりで使っていくならオリジナルの5インチサイズのほうが#1/0サイズのフックでかつ力のあるタックルで使っていけるので、基本的に5インチでいいと思います。

それでも小さいのも食ってくるし普通にかかるしね。

小さいベイトサイズに合わせる時や、4インチサイズが効く時、弱いタックルで扱いたい時はコティーサンもいいんじゃないでしょうか。

サイズ的にカバー周りでなくても、ライトなタックルで扱う場面では幅広く活躍してくれそうです。

スポンサーリンク