冬(12月1月2月)のバス釣り。結局クワセも大事。

冬の釣りを考えます。

冬はおやすみ派もガンガン行く派もいろいろいると思いますが、自分のスタンスは風の弱い日や時短でできるだけ無理なくやる派です。(笑)

凶悪な寒さにはへこたれますから、本当に。

12月頭くらいまではまだどうにかなんですけどね。

もうホント冬の湖上に立ってて思うのは、戦略的にどうこうなんてのが通用する次元じゃないっていうことですよ。(笑)

だからもうこの時期は釣果が云々ではなくて、 真冬の釣り場に立つっていうそのスタンス自体をどう評価するかっていう方向に転換しなきゃいけないんじゃないかとさえ思うほど。

また、冬の1匹はどこまで絞り込んでも、やっぱり最終的には相当なラッキーが絡むとも感じます。

冬のバス釣り

日が出て氷が解けてからでないとルアーが着水しない場所も…

冬の一匹は貴重で価値があるともされるけれど、絶滅したとしか思えないくらい生命感を感じない水面にむかって、冷たい風に耐えながらキャストを繰り返してメンタルやられて帰ってくることも多々。

そう気温だけじゃなくて風もね、大敵なんですよ。

霞まわりでは冬から春は特に強く吹きます。そして平地なだけに吹き抜けやすい。

朝だけ頑張っておうちに帰って昼から再チャレンジとか、午後から出だすとか、局所的に付き合うのも大有り。

なんにしても大切なのは、嫌にならないメンタルコントロールと防寒対策

タックルのセッティングチェックとか、実釣以外の目的も用意しておくことも大切。

逆にどうせ釣れないと思えば、割り切って好きな釣りしたりできるのは冬の好きな部分です。レジャーとして全体の楽しさを考えて過ごすこともできます。

場所

一般的に言われるのは、

・水温の安定するプロテクトエリアやディープエリア
・シャローに残る体力のあるデカバス狙い

小規模なフィールドだと話は別なんですけど、ディープに溜まってる場所があるとして、探すのはマジでたいへんなんですよ。

霞なんかだと4m以深が広大すぎて、確かに浚渫エリアなんかもありますけど、自分レベルじゃとても絞れたもんじゃないんですよね。

現場で感じることは、

・基本的に多少なりともやる気になって上がってきた魚を釣る
・1.5~2.5mのブレイクやブレイク絡みの沈みもの、登り口にあるカバー
・石積み周りやテトラ、ハードボトムのショアラインで時合いに当てる

実際に厳寒期にバスを釣っているのはこういうところになります。

共通して感じるのはやはり、エサが絡むところは熱いということ。

例えばシャッドを巻いててワカサギがスレてくるような場所っていうのは、結果その後釣れることが多いですね。

特にデカいやつは。

北西の風を避けれる場所とはよく聞くけれど、釣れる場所はむしろ南岸や、岬状で風・水通しがよかったりすることがあります。

釣り方

・釣る場所を絞り込んで丁寧に時間をかける
・緩急をつけたリアクションとスローな食わせの使い分け

・タイトアクション系シャッドのスローリトリーブ

なんてのがよく言われる話です。

それでも散々いろいろ投げ散らかすんですけど、実際に近年、結果として釣れたルアーをひっぱり出してみました。

もちろんフィールドや状況によって例外もありますが、一般的にはジャークベイト・シャッド・メタルバイブが定番になってきます。


・シャッド
パブロシャッド59SPMR

osp パワーダンク

ちなみに現場で話をしていると、同じシャッドで釣るにしてもスローで巻き続けないとダメだっていう人と、ストップを入れないとダメだっていう人がいたりするんだけれど、もちろん状況によりますが自分はリトリーブ派よりなことが多いですね。

・ミノー
フェイス87

これも定番のサスペンドジャークベイト。ジャークベイトも良い製品が沢山ありますが、90mmクラスの中では近距離ショートピッチで使う時にレンジコントロールがしやすくてフェイスが気に入っています。

・メタルバイブ
〇フルメタルソニック〇メタルバイブSS〇デックス

ショアラインに差してきてる魚っていっても、簡単には口を使わないので、リアクションベイトとしてのパワーの強いメタルバイブは定番です。去年まで3年連続で初バスはメタルバイブでした。

・ジカリグ
ドライブビーバー3インチ

正直冬はもうハードルアーしか釣れないっていう気分にもなるんですけど、いやいや複雑な沈み物等にはちゃんと撃ちモノを入れるのもありで、跳ね上げるような緩急をつけたアクションも、じっくり止める誘いも共にしやすいと思います。

瞬テキとかヘビーダウンショットでも同じですが、リアクションとクワセの両方をこなせるので一本結んであると非常に便利。

・ノーシンカー
ファットヤマセンコー3インチ

ブレイクに絡む複雑な捨て網とか、フィルターユニット周りなど、シンカーを使ったリグが使えないような場所を釣るには冬でも有効。ファットヤマセンコーばかりはもうルアーパワーとしか思えない釣れ方をするときがあります。

個人的には341ダークブラウンブルーギルが神カラー。

21年12月に行われたバサーオールスタークラシック-キングオブキングス-で赤羽プロが使って魚を獲ったことでも再度注目されました。

サインイズカミング アイラブユーラブバスクリン。

・スモラバ
〇C4ジグ2.7g+ディトレーター

スモラバは冬の弱い吸い込みでも口の中に入りやすくフックも掛かりやすい、冬のバスを釣るには最適なクワセルアーのひとつ。

・クランクベイト
〇スーパープレデター

クランクベイトジャンルではあるものの、ほとんどシャッドのような弱めアクションのスーパープレデター。パワーダンクと同じで2.5mからでもボトムコンタクトさせやすいので重宝します。

・スモールクランク
クラッチDR

反射板入りのF4カラーシリーズ、特に酸欠ワカサギカラーがお気に入りです。

以前は、12月以降のクランキングはよくウイグルワートを投げてたんですけど、近頃はクラッチDRとかタイニーブリッツDRが多いですね。

石積みの際を釣るのには急潜行してくれるタイプが使いやすいです。

全部じゃないですけど、表水温4℃以下くらいの状況だと、

・巻いてて追ってきて食うやつはブリブリのエサを食ってるでかいやつ
・止めてやっと食ってくるやつはワンサイズさがる
・どちらにしてもギリギリのフック掛かり

そんな傾向がある気がします。傾向です。

寒かろうが動いて食ってるやつはこんなブリッブリのフットボール体形。時としてこんな魚に会えるのも冬の魅力。

月ごとの全体感

時期についての感覚的なことを言うと、

12月
年によるけれども頭のうちはまあまだどうにかなる。穏やかな日なら午後シャローでまだトップで出たり、フィーディングフィッシュもとりやすい。

半ばからは、寒さも増し寒波だなんだ言い出して、水温も一桁に。そのままぐんぐん下がっていく中、本当に釣れなくなってくる。冷え込みや人間側も寒さに慣れていなかったりして辛さを感じる期間。

7℃を下回ると動いている魚の数も、口を使うタイミングも極端に減ってきます。

1月
本湖の表水温が温かい年でも5℃台だったり、年によっては3℃台まで落ちる。流入によっては2度台も。

年間最低水温を迎える時期。

逆に低水温で落ち着いてしまったほうが釣りやすいと感じることも。

ボートならプロテクトエリアでお昼過ぎに表水温が上がってきたタイミングだったり、お昼前後の時合いが現実的な狙い目。オカッパリなら朝一と、夕方日が落ちて風が収まったくらいのタイミングが経験上一番あついですね。

2月
日の出日の入りが伸びたり、日照時間もやや長くなって水温も若干上がってくる。

気持ちは楽になるが、釣果にはまったく関係ない。(笑)

6℃台までは水の中は全然冬で、全体感としてはまだまだ1月から引きずる最低水温期。

そして突然の強風に注意な時期。

年によっては2月中に春一番が吹いたりするんだけれども、浮かれ気分に対して、水中の季節感の進行は非常にゆっくり。3月後半まで続くこの期間がいちばんもどかしい希望と失望のはざま。

7℃を超えて増水傾向なら日中ショアラインの釣果が増えることも。

場所によっては流入河川のほうが先に水温が上がりだすことも。ただ、かといって流入が釣れるわけでもないっていう。

おわりに

冬の一匹は貴重ですし、上達につながるのも確かかもしれません。

ただ寒いと体も固くなっているので、なにより怪我に気を付けて安全に。

体調を崩すとより後悔するので、体が冷えたと思ったら引き上げるのも賢さです。

厳寒期の釣りはうまく付き合わないと楽しいはずの釣りが辛いものになっちゃいますからね。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)
¥891 (2022/09/28 19:35:00時点 Amazon調べ-詳細)