霞ヶ浦の土浦周辺のバス釣りおかっぱりポイント紹介します。

交通の便も良く、市街地も近くてなにかと便利な土浦エリア。

霞ヶ浦・北浦自体が全体に護岸整備されていてオカッパリがしやすいですが、中でもアクセスの良さから電車バサーに人気のエリアでもあり、バスの個体数が減って釣りにくいと言われる昨今でも根強いファンのいるエリアでもあります。

境川

境川
境川

本湖に対して横向きに流入する他の河川と対して、上下に伸びる特徴のある川です。
そのため強い西風でほかの河川が吹き曝しになってしまうようなときにも穏やかな水面で釣りをすることができたりします。

河口は新川と隣接していてベイトも入るため、河口から上流部までデカバスも多く差してきます。
ただ河口周辺は近年ずいぶん浅くなってしまったので、一番目の橋からところどころにある水門を中心に釣り上がるのがおススメです。

岸際はほぼナナメになっていて滑りやすいため足元にはきをつけて釣りをするといいでしょう。

新川

新川河口
新川河口

河口部は横にある浄水場から17℃程度の排水がでているので年間通して水温が安定しているため年中釣れます。特に冬季は50upの実績も多くかなりの人気エリアになります。鯉・ヘラ・初心者からベテランまで集う一級エリアです。

ここのバスたちは365日24時間飛んでくるルアーを見ているので簡単には騙されてくれません。

フィーディングに入るやる気のあるバスは、スポット・タイミング共に捉えるのが難しいため、ライトリグのスローな釣りと、スピードを生かしたリアクションの釣りの両極端を使い分けていくのがおススメです。

隣の土浦新港は関係者以外立入禁止になっているので注意してください。

新川上流
新川上流

河口が灰色の景色だったのに対して、線路をこえて中上流域にいくと緑が増えてきます。

桜の時期は川沿いに植えてある桜がキレイですがこのころはまだバスは差してきません。

だいたい6月~9月頃までの高水温時期は差してくるバスも増えるのでおススメです。

中流は税務署、ケーズデンキさんの横あたりからコンクリート護岸まわりを丁寧に、上流は葦やベジテーションカバー、橋脚やちょっとした流れ込みまわりを中心に釣ると楽しいと思います。

上流の水深はどんどん浅くなっていくので気配に気を付けて歩をすすめないとせっかくのビッグフィッシュを見逃してしまいます。

浮葦

浮き葦
浮き葦エリア

土浦港の南岸を出てすぐの係留されて浮いている葦のあるポイントです。

足場も良いためバスに限らずヘラにも年中人気の釣り場です。

岸際は場所によってかなり水深に変化ができてきますので、それを調べながら岸辺を流すのと、岸から沖にむけて数mゴロタが入っているので、ゴロタの上や沖側の切れ目を釣っていくのがおススメです。

浮いている葦と、それを止めているロープにもバスが付きますが、大切なルアーをなくしたくないならハードルアーは使わないことをお勧めします。笑

浮き葦エリアの魚探画像
一部イメージ

ゴロタ場はかなりスタックしやすいため、ノーシンカーやネコリグなど軽めのウエイトから入るのが良いでしょう。ハイシーズンの朝一はトップも楽しめます。

桜川

桜川
桜川

土浦エリア最大の流入河川で、冬季や大雨でドロ濁りが入った後などを除けば安定した釣果が見込める川でもあります。

土浦駅のすぐ横を流れているので電車の方は徒歩でもいきやすいです。
ただおかっぱりでは河口側は釣りにくいので、線路より上流側の右岸、コンクリート護岸されたエリアから土浦イオンの横あたりまでが釣りやすいと思います。

水深の変化や橋脚まわりを中心にクランクベイトやスピナーベイトなどシーズン中はハードベイトでの釣果も見込めます。

備前川

備前川
備前川

桜川のとなりで街中を流れる川です。完全に護岸化されていて変化が少ないので、岸際を中心に釣っていくことになります。

岸際をシャッドなど弱めのハードベイトで流しながら、ところどころにある沈みものや変化に気付いたらネコリグやダウンショットなどのライトリグを入れていくのが定番の歩き方になります。

変化がすくないからこそ、逆にちょっとした変化に魚がつきやすくなります。

水中の見えないところに排水口があったり、バスの付くポイントになっているので、岸際や街並み、道路際のハス田をよく観察すると良いと思います。

水が動きにくく濁りもとれにくいためか、近年は釣果実績が下がっていて人もまばらですが、かなり上までバスは入っているので探索してみると楽しいと思います。

花室川

花室川
花室川

河口片側と一部しか護岸化されていないため土と緑が多く目に入ります。

本湖が荒れたときなど特にですが、そうでなくてもベイトも多く入ってきていて、エサを探してバスも入ってきます。

ビッグフィッシュの実績も多く、好きな人も多い川です。
一本目の橋より上流がオカッパリはしやすいと思います。流れ込みのあるところや橋脚周りを中心に釣りをしながら、ハードボトムエリアを探してみてください。

土浦港

※現在は釣り禁止です。

土浦港北岸
土浦港

おそらく釣り人の間でだけ土浦旧港という通称で通っていますが、一般人との会話では通じないので注意。

土浦新港との対称でいつか誰かが旧港と言い出したのが慣習化したのと思われます。旧の字がつくと旧校舎のように使われなくなったイメージがありますが、現行で船舶停泊施設として利用されている港です。

以前はおかっぱりアングラーに大人気だった土浦港も2018年から船舶停泊エリアはルアー釣り禁止になりました。

県の指定管理者制度の元、ラクスマリーナが管理者となっていましたが、2020年4月より土浦土木事務所(河川整備課)の管理に戻っています。

21年5月、ルアーの部分が消され、エサ釣りも含めて停泊エリア内は釣り禁止になりました。

21年6月より、あくまで公共の停泊施設のため、港内全域エサ釣りも含めて総じて釣り禁止になりました。

よって、ポイント紹介の部分は削除します。

土浦港内釣り禁止の看板画像
設置された港内釣り禁止の看板
土浦港の釣り禁止の範囲
釣り禁止エリアはおおよそこの範囲
船舶停泊エリア釣り禁止の看板

残念がる声も多いですが、船舶への被害やゴミ問題から考えると当然の判断なのもよくわかります。

元々、公には関係者以外立入禁止の扱いで、釣りは黙認されてきただけでもあったのですが、個人的にはよく今まで釣りさせてくれてたなと思うくらいです。まずは今までありがとうと感謝をしたいですね。

駐車場所と水辺がちかく、家族連れから車いすの人まで、どんな人でも釣りに親しめる貴重な場所だと思っていたので、これ以上釣り場が減るようなことのないようにできたらと思います。

釣り人一人一人が気を付けないと貴重な釣り場は減る一方になってしまいます。

おわりに

土浦のメジャーなスポットを中心に紹介してみました。

正直なところ人の多さからルアーを見慣れて簡単には反応しないバスが多いため、スタンダードな釣り方で口を使わせるのはタイミングを得ないと難しいです。

安定した釣果を求めるならライトリグのスローなアプローチを中心に、スピードによるリアクションを混ぜるような釣りをしていかないとデイタイム等は壊滅的に釣れなかったりもします。笑

初心者の方はとくに、余裕があるなら水郷エリアにいってしまったほうが個体数も多くやる気のあるバスに出会える確率も高い気はします。

ただ簡単には釣れない土浦エリアですが、良いタイミングを捉えるとまだまだ良い釣りもできます。

ここで紹介した以外にもバスのいる場所はたくさんあります。

地図をみながらポイントを探したり、探索するのも面白いですよ。