冬のメタルバイブ 、使い方とおススメの製品について。

近年は冬の釣りの定番にもなりつつあるメタルバイブ。

秋口、10月半ば頃から、日中活動的でない魚を狙うリアクションベイトとしてボックスに入り始めます。

水温20℃を下回って急激に落ちていくタイミングや、やはり15℃を切るくらいからがスタンバイするタイミング。

もちろん年中使えるんですが、真冬は動かないバスを動かさせて、使わない口を使わせるので、
どうしても外掛かりも多くなりますし、身切れリスクもバカになりません。

1個で1日もつこともあれば、3キャスト3根掛かり( ノД`)…するときもあるメタルバイブ。

他のルアーで釣れるなら他で掛けたいのが本音。

しかし、使いどころを選ぶかもしれませんが身につければ強力な一手になり得ます。

使い方

メタルバイブのアクションイメージ

晩秋から冬季にかけてはもう、リフト&フォール一択

ベイトが寄るブレイクやハードボトム、護岸、石積み周りやテトラ帯などのプロテクトエリアでひたすらしゃくります。笑

リアクション要素の強い釣りなのでアクションは早く短くが基本

ロッドティップのふり幅とメタルバイブの動きを事前に見て、感覚を感じておくとよいと思います。

カラーローテーションは必要ですが、フラッシングがスレ易いという考え方は真冬のメタルバイブの場合はしなくていいと思います。

私はロッド先端で10㎝~20㎝くらいのイメージで、リフトしはじめると感じるメタルバイブのブルブルのブルブッくらいでラインテンションが抜けてフォールするようにアクションさせることがほとんど。

稀に大きく動かすときでも40cmくらいのリフト幅。(水の透明度がだいたい50cm程なので)

メタルバイブがちょっと跳ね上がってアクションしだしたらすぐ落ちるような感覚。

水面でラインがパシッとならないように、すくい上げるようにリフトします。

一回一回ちゃんとラインテンションを抜いてきっちり底に着けます。

あわてて連続的に動かさなくてもゆっくりやっても大丈夫。

逆に着底したままラインを張らず緩めずでしばらくまっているとコンッとアタリが入ることも…。

とにかく大きく移動させずに狭く細かく一回あたりの移動距離を少なくします。

冬のバス釣りにおけるリフト&フォールの釣りでは、この移動距離を抑えながら誘い続ける事が最大のコツ。

ボトムベッタリのバスを想定する際には小さく移動距離を抑えることで、回数を稼いだ方がチャンスも増えるという考え方です。

細かくした方がバスの目前に落ちる可能性が増えるだけでなく、ファースコンタクトで反応しなくても、上下の動きを目にしてるうちにスイッチ入っちゃう魚もいます。

ヒラッとして落ちる、キラッとして落ちるをバスの目の前で繰り返すイメージ。

目の前で何回かヒラヒラキラキラされたらもう食っちゃう。

特に色んなものが沈んでいる場所では、強く大きくしゃくると根掛かりなどカエシまでぐっさりいってしまうので、弱く小さくな使い方をオススメします。

捕食で食わせてないので関係ないんだけれど脳内イメージはボトムで逃げ隠れしてる小魚みたいな感じでしょうか。

もちろん他にもリトリーブやロングリフト&カーブフォール、中層使いなど使用法は様々ありますので、探求するのも面白いと思います。

近頃はテトラ帯のようにピンポイントでバーチカルに釣れる場合は、軽メタと呼ばれる3.5g等の軽量メタルバイブを使用した振り落としに似た使い方が注目されていたりします。

アタリ

フルメタルソニック皮一枚フッキング
ホントの皮一枚

ストンと落ちて次の瞬間、リフトのときに重みが掛かるケースがほとんどです。

リフトしきったところで追ってきたかのようにゴッと入ることもありますが極めて稀で、冬が進むほどにこういったアタリ方はしなくなります。

リフトし始めたときに、ぞうきんやビニール袋が引っ掛かったような重みが乗っていて、根掛かりなのかどうなのかは一瞬ではわからないですね。

動きや生命感を感じてフッキングしますが、薄皮一枚や外掛かりが多いので身切れしないように加減が必要です。

根掛かり

モチロン回収機は必須です。

根掛かりの回収時の他、ボトムを釣る以上フックポイントがダメージを受けやすく、その上ギリギリで掛かることも多いので、替えフックを用意しておくことも地味に重要なポイント。

よく使うサイズを1箱持っておくと安心。

タックル

5g、7gサイズで使用するのがほとんどなので、

・ベイトフィネスのLクラスのロッドに8lbフロロ
・ティップアクションのMLロッドに10ldフロロ
・ミディアムファーストのMロッドに12Idフロロ

状況に応じてこの辺のタックルでやってます。

メタルバイブのリフト&フォールだけを考えたら、ピンポイントでアクションさせやすいのでPEラインのセッティングのほうが良いですが、私は結局ほかのこともするので汎用性のあるタックルになっちゃってます。

基本的にはMLのタックルに5gクラスのメタルバイブが多いですね。割とライトバーサタイル的な竿なら何でもいけると思います。

個人的には短めが好きですが、テトラ周り等高低差のあるところを釣るときは6フィート後半からのロッドのほうが使用感は良くなります。

私は操作時にロッドが高い位置にあることが多くて、フッキングの降り幅がとれなかったりするので、ベリーに強さのある竿やすぐにリールをまく動作で対応しつつ、ドラグ調整をちゃんとしておく感じです。

5gクラスだとキャストだけを考えれば柔らかい方が良いんでしょうけど、距離があるときにハズされた経験がけっこうあってですね。

あまり柔らかい竿でテンションが掛からないと、もう刺せるときにカエシまで刺さないと、あいつらいくら底水温で動けないって言われててもヤバいって思ったら動きますから、吐かれたり頭を振られたりしてハズされると思ってます。

短くアクションさせたり、疑いながらも魚だったときにはすぐ刺しきらないといけないっていう点では、柔らかくも先調子なロッドやMLクラスが使いやすいです。

オススメのメタルバイブと簡単なインプレ

メインに使用してるものを3つ紹介します。

ただ、実はもうメタルバイブ本体の性能やアクションの質で釣れる釣れないを感じることがないので(笑)。真冬なんてそんなこと言ってる状況じゃないでしょって。

使用感であったり、カラーの使い分けや咥えミスった魚を掛けちゃうフックの性能のほうが重要な気がします。

メタルバイブ自体は、霞の場合はショアラインで1mないくらいがほとんどで、狙っても4mくらいの水深までなので、スピニングでもライトベイトでも5gクラスが一番汎用性が高いと思います。

荒れてたり強風や操作感がわかりにくいとき、ガイドが凍って5gじゃ飛ばせなかったりアキュラシーがいるときに7gを出す感じでしょうか。

フルメタルソニック

フラッシュユニオン フルメタルソニック

コットンキャンディーと、ときどき銀ピカワカサギ。

水を切り裂く鋼の刃。霞のロコアングラーの中ではさいつよの名を欲しいままにする希代の名作。たぶんフラッシュユニオンで一番有名になったルアー。

ラインを張る前から動き出す勢いの最高の動き出し。そのうえ超ハイピッチでしっかり伝わるブルブル感。かといって強すぎないので僅かなゴミ絡みなどの異変にも気づきやすく、着底もわかりやすい。体高の低さが効いている気がします。ストレートフォール系で使いやすい。

フラッシングするピンク系はなかなかないカラー。

どこかでも書きましたが真夏の濁りとか、真冬のデイタイムとか、極端な状況ではピンクって効くと思ってます。

ダイワ メタルバイブSS

ダイワ メタルバイブSS

ワカサギ。

全然ワカサギぽくないんだけれどなぜかカラー名はワカサギ。
近頃なんでもワカサギってつけとけば売れるみたいな風潮はありますよね。

まあま、どこにでも売ってる安心感とワンコインで買える性能対コスパ最高クラスのニュースタンダード。リフト&フォール前提の設計で、動き出しは普通に良く、バタつき感のある大きなブルブルがわかりやすい。

着底感もアピールされているが正直それは言うほどでもないような…。糸からみが多い気はします。
今シーズンはクラウンを試そうかと思ってます。

ダイワ(DAIWA)
¥484 (2022/09/27 21:50:46時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに冬の霞のワカサギはこんなのです。

霞ヶ浦のワカサギ
霞ヶ浦のワカサギ

デックスMV

バークレイ デックスMV

ピンクパール。

2017年に発売されベーシックな性能とワンコインコスパで1時代を築いた…と言っては言い過ぎか。そうでもないか。

アクションは強めだけれど上記と比べると全体的にマイルド感が増すので、1ランク重めを使うことも多いです。動き出しも安定しないときがあるんだけどピンクパールっていうカラーによる釣獲能力と値段で手放せない逸品。

相性もあると思いますが、ルアーを減らしたいんだけれど結局魚が釣れちゃうから毎冬用意してしまうある意味困った子。

おわりに

フルメタルソニック・メタルバイブSS・デックスMV

はい。こんな感じでやってます。

釣獲能力はもちろんですが、真冬はアクションさせてないとメンタルが辛いときとか、シャッドを定速で巻き続ける集中力がもたないときとか、アクセント的に違うものを入れたいとき、身に着けておくとなにかと役立つと思います。

ちなみに経験上、冬はいろんな魚の位置がかぶると思いますが、ニゴイやキャットが混じる場所はタイミングを変えるとバスも刺してきてることが多いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。