バス釣りで必要な水温計はなにを買えば良いの?おすすめは接触式


気温で人の動きが変わるように水温で魚の動きは変わります

水中の環境や魚の状態を推測するうえでめちゃくちゃ重要な指標となる水温

季節のタイミングを狙い撃つときや、悩んだ時の道しるべとして、現場にいるとときどき把握したくなりますね。

ボートの時は魚探の水温表示が目につくのでいいのですが、おかっぱりで岸辺にいるときなんかはふと気になっても、水温をはかるひと手間が面倒くさかったり…。

でも、あとから計ってみたら想像と違って驚くこともあります。

得られる情報の価値とかける金額を考えたら超ハイコストパフォーマンスな「水温計」。

思考錯誤しながら色々使ってきました。

結局行き着いたのは一番シンプルで安価なアナログ式なんですが、自分が使ってきた3種類をメリットデメリットと共に紹介します。

スミス社の水温計

スミスの水温計
よくあるガラス製の水温系で割れないようにケースに入っているものです

一番シンプルで単純な、昔ながらの接触式液体封入ガラス温度計です。

[メリット]
・小さくてコンパクト
・安価なものが多い
・水面からボトムまで計れる
・高い足場からでも結んで落とせる
・電池切れとは無縁
[デメリット]
・すぐに見ないと数字が変化する
・メモリが小さいと読みにくい

結局総合力ではこの手のモノが一番だと思いました。

足場が高く手が水面に届かなくても、ラインに結んだり、結んであるルアーに引っ掛けて足元にゆっくり沈めると好きなレンジを計ることができます。これが思った以上に便利。

表水温ならルアーの先に着けてちょいと垂らすのが、かがまないので足腰にも優しく、ふいに胸ポケット等からモノも落とさないので安心。

ただし水温計そのものを落とさないように注意が必要です。

タニタ デジタル温度計 TT-533

タニタデジタル温度計TT-533

デジタル表示のちょっとおしゃれな温度計です。

[メリット]
・はかった温度が見やすいホールド機能付き
・水温表示が見やすい
・SNSへの投稿などで水温をはっきり見せたいときにとても便利
・料理にも使える
[デメリット]
・水面に手が届かないと計りずらい
・水面下のみの計測になる
・長さがあるのでポケットやバッグの外ポケットからはみ出す

最大の売りは表示の見やすさではないでしょうか。

料理用製品ですが防滴仕様になっており、液体の温度計測にも使えます。選べるカラーにオレンジ・ピンク・イエローなどビビットなものが多いです。

釣りの現場では水に漬けて表示温度が落ち着くまで待っているので、計測する手間は変わりません。

タニタ水温計計測方法

水面が近いのであれば、表示をホールドできるので温度がみやすく、写真映えするので誰かに画像で温度を伝えたいときには良いかもしれません。

全体が20㎝ちょっとあるので、絶妙に収納が不便でした。

AND防水仕様赤外線放射温度計 AD-5617WP

非接触式水温計
パッケージ横に使用用途として「水面」とは書いてあるが・・

触れずに計れる非接触式の温度計です。

[メリット]
・小さくてコンパクト
・水に漬ける必要がない
・即計測できる
[デメリット]
・あくまで表面温度の測定
・計測値が本当にだいたい
・測定視野が1:1なので水面直上に手を伸ばして計測することになる
・精度の為になんども計測するので手間がかかる

この子はまったく悪くないんですが、おそらくフィールドの水温を計るという使い方には向かないんじゃないかと感じたのが正直なところ。

もちろん行くフィールドにもよります。

非接触でボタンを押してすぐ計れるという特性が生きるのも、水面まで手が伸びての話なのはタニタデジタルと一緒です。

距離(D):測定範囲(S)が1:1なので水面から離れるほど誤差が大きくなります。

測定までのスピードも早く感度はよいものの、センサーの視野範囲に複数の物体があるとどの温度を測っているのかわからなくなってしまったり、正確な温度測定ができません。

なので、かなり水面に近づけて使用する必要がありました。

±2.5度の精度も釣り場の水温を気にするような状況ではちょっと大きすぎるかなと。

もちろん自分の使用方法が未熟だという可能性もありますが…。

以上の経験から

よくあるガラス製接触式がおすすめ

安価な上使い勝手がよく自由が効いて収まりもよいです。
デメリットはメモリ読みくらい。

特に足場が高いときの使いやすさがフィールドでは一番生きてくると感じました。

高い足場の水辺

よく雑誌等でプロアングラーの方が言う水温は、だいたいエレキの先端についている水温センサーで読んで魚探画面に表示された温度なので、おおよそ水面下30㎝~で計測しています。

直下とそんなに変わらないですが、このレンジに合わせて計測できるというのもあります。

逆に気になったときには沈めてボトムの水温も計れます。

非接触式水温計はよく考えてから

カッコよさげとか憧れとかでアレ使ってみたいな、便利そうだなって思ってる人がいたら買う前に一度よく考えてみてください。なかなかいい金額しますので(笑)

好みは人それぞれですが、私の場合は合わなかったです。

スミスの水温計とタニタのデジタル表示も精度は±1℃程度あるようですが、同じ箇所で計ると2つともだいたい±0.5度内で同じ温度を指したのに対して、非接触式は1.2~2℃の誤差が出てました。

計測値の正確性を出すため水面近くで何度も計測することになりましたし、そのため結局時間がかかりました。

特に測定範囲に他のモノが入っていたり、油やゴミが浮いてると計測値がかなりズレました。

環境や使い方によるかもしれませんが、つまり信頼足る数字を出すのにそこそこ手間と時間がかかる上お値段が張ったなーというのが正直な感想です。

もちろんすべての非接触式水温計を試したわけではないですが、自分的には使い勝手がよくなかったですね。

水温が気になるとき

そもそも年中水温は気になるんですけど、特に情報として水温が欲しいって思うときって、やっぱりシビアなタイミングが多い気がします。

なのである程度の正確性を重視してしまいますね。

振り返ると季節や釣り方の変わり目にとても気になっています。

特に意識するタイミングと温度は、

・秋から冬にかけての境目、15℃以下10℃以下かどうか
・冬が終わって春がくる時の境目、7℃10℃12℃14℃
・年間最低水温や夏の26℃以上
・本湖と流入河川の水温差

などでしょうか。

水温によってその日の釣りが大きく変わることもよくある話です。

ちなみに水温計は小物ケースに入れてレンタルボートのときでも必ず積んでいます。

水温計小物ボックス収納

ボートでも本湖と流入とか、エリア間の水温差にあまりに乖離があるときとか、魚探の水温センサーの故障を疑ってしまうことがあります。

アナログの水温計ひとつボックスに入っていると、すぐ真偽を確認できますし、実際にセンサー故障のときも対応が効きます。

おわりに

先の事を考えて釣りをするなら水温を把握しておくことはとても大切。

特に季節の変わり目に良い釣りができたときは、水温まで記録しておくと翌シーズン以降に同じタイミングを狙いやすくなりますし、記録をつけるにも情報に水温があるだけで情報価値もぐっと上がります。

場合によっては数字の見やすさ見せやすさに特化したデジタル表示もいいと思いますが、まず1つということであれば、

信頼度と利便性の総合力で、私はアナログな接触式をおすすめします。