※当サイトの記事では、商品・サービスの紹介にアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

カスブラ発のズボラリグとは。シンカーとストッパーの組合せや作り方を解説します。

2018年夏ごろ、人気YouTuber霞ブラザーズ(カスブラ)さんの動画から話題になったズボラリグ

応用が効くことと、よく釣れることから人気になりました。

結び変えなしにリグのもつ特性を変化させらる便利さが特徴。

1タックルで釣り歩くには非常に便利なズボラリグについて解説します。

ズボラリグとは

ズボラリグ使い分け

ズボラリグとは、ダイワのシンカーストッパーとデコイスティックシンカーのラインアイが奇跡的なフィット感であることを利用した可変式のリグです。

カスブラのヤッピーさんの発想が生み出したリグです。

・リーダーレスダウンショット風(ジカリグ風)
・キャロライナリグ風
・フリーリグ風

主にこの3タイプを即座に切り替えて使っていけるのがズボラリグです。

特定の製品、デコイのスティックシンカー(デコイシンカーtypeスティックDS-6)と、ダイワのハードシンカーロック(S・Mサイズ)を使った応用の効くリグとして発表されました。

スティックシンカーのアイ径とシンカーロックの太さがピッタリなため、程よく止まってかつ押し付ければ反対側にすり抜けることを利用しています。

後にデコイブランドから専用品マルチシンカーロック L-12が出るまでになりました。

マルチシンカーロック L-12
デコイ マルチシンカーロック L-12
カツイチ(KATSUICHI)
¥298 (2024/05/28 20:52:33時点 Amazon調べ-詳細)

作り方

ズボラリグの作り方

①シンカーストッパーを通します。
②スティックシンカーをラインに通します。
③フックを結びます。

※シンカーがストッパーをすり抜けるため、①②どちらが先でも大丈夫です。

シンカーとシンカーストッパー

ズボラリグ用シンカーとストッパー

1.8g 2.5g → Sサイズ
3.5g 5g 7g → Mサイズ

ダイワのハードシンカーロック、デコイのマルチシンカーロック、どちらを使用する場合も共に、

デコイスティックシンカー1.8g、2.5gにはSサイズ
デコイスティックシンカー3.5g、5g、7gにはMサイズ

が適合します。

ハードシンカーロックとマルチシンカーロックのストッパー比較
左:デコイ マルチシンカーロック 右:ダイワ ハードシンカーロック

ハードシンカーロックとマルチシンカーロック、比べてみましたがマルチシンカーロックのほうが長さが1mmほど長く、フィット感は共に同じくらい

12lbフロロでの使用では滑りにくさもほぼほぼ変わらず、同程度です。

どちらを買っても不便しない良い製品です

入り数も同じ18個入り。

デコイ社は18個が一束になっているのに対して、ダイワの方は9個ずつの2個に分けられているので、収納の好みで選ぶこともできます。

※2つ付けする場合などはダイワの方がコンパクトにまとまります。

使用イメージ

リーダーレスDS(ジカリグ)風

ズボラリグリーダーレスDS風

フリーリグ風

ズボラリグフリーリグ風

キャロライナリグ風

ズボラリグキャロライナリグ風

ズボラリグは3種のリグをワンセットで全部それなりにできてしまう便利さが売りです。

ハードボトムのフラットなんかはキャロ風で広く探り、護岸際や水門周りはフリーリグ風に、葦際やカバー周りではジカリグ風に・・と、直面するシチュエーションに対して即座に対応ができます。

私の場合は、12lbのタックルで3.5g、5g、7gを使うことが多いため、ハードシンカーロックMサイズをもっておくだけで広く対応できています。

多くのフィールドでこのあたりが丁度メインウエイトになってくるんじゃないでしょうか。

オカッパリだと、ワンタックルでずっと歩いていくときには重宝します。

解説動画

本家のカスブラ、やっぴーさんによる解説動画がyoutubeに上げられています。

おわりに

ネーミングセンスが秀逸ですね。

ここで紹介した組合せ以外でも、サイズ感の合うものがあれば応用が効きます。

自分で使いやすい組み合わせを探して楽しむのもありですね。

シンカーストッパーのMサイズは使い勝手が良いのと、ズボラリグ以外にもテキサスリグのストッパー等、汎用性があるので1つ持っておくと便利かと思います。

カツイチ(KATSUICHI)
¥298 (2024/05/28 20:52:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク