ジカリグ(直リグ)の特徴は?使い方やメリットとデメリットを解説します。

ジカリグはそれだけ便利で使いやすいリグです。

使い方も通常の底ものや撃ちものリグと変わらないですし、完成品を買えば誰でも簡単に始めることができます。

パーツごとに買ってきて自作することも難しくありません。

では私なりに使ってきたジカリグの特徴と使い方、メリットやデメリットなどを解説します。

ジカリグとは

ジカリグ画像
ジカリグ

リングの代わりにスナップを用いたり、スイベルを使ったりといくつかのパターンがありますが、

ジカリグとは、基本形としてフックとシンカーがリングによって可動域をもって一体化している仕掛けのことを指して言われます。

シンカーとフックがリングで連結されたいわゆるこんなリグです。

歴史は新しくここ2010年頃からじわじわとユーザーに浸透し今ではすっかり一般的になりました。

杉戸船長のブログによるともともとは韓国でエビリグと呼ばれていた仕掛けが発祥だそう。

そのネーミングは究極のショートダウンショットのイメージで、ラインをそのままフックのラインアイ付近に「直」接結ぶ事から、命名しました。

http://fexsugito.sblo.jp/article/41657340.html

正確には、ジカリグというのはオーナーのカルティバブランドから発売されている完成仕掛けの商標名。

カルティバジカリグ
カルティバ ジカリグ

で、同様のモノがカツイチのDECOYブランドからはゼロダンとして発売されています。

これ以外にも様々な呼ばれ方があり、近頃は総称してリーダーレスダウンショットリグと呼ばれ落ち着きつつあります。

そもそもリグにネーミング競争が起こるようなことはユーザーとしては迷惑でしかないのですが…、

ここでは私の耳に馴染んでいるので『ジカリグ』として説明させて頂きます。

ジカリグの特徴

・全体に一体感がある
・垂直にフォールしやすく上下の動きがさせやすい
・カバー貫通力があり根掛かりに強い

・一体感

ドライブビーバー3.5inのジカリグ
ドライブビーバー3.5inのジカリグ

リーダーレスダウンショットと言われるように、広義にはダウンショットの派生ともとれるんですが、フック・シンカー・リング(スイベル)が自由度をもちながらも単体としてまとまっているので、比較して糸絡みなどのトラブルも少ないです。

またフック、シンカーが一体になっているので、ラバージグのように全体を単体として扱える上、一度他のルアーにチェンジしたあとに再度結ぶ際のつけ外しもしやすく取回しの良さを爆発的に向上させています。

例えばMHのロッド1本でスピナーベイトやラバージグなどいくつかのルアーを使い回す際には非常に便利で、これがテキサスリグやフリーリグとかだと、ちょっと置いているうちにシンカーがどっかいっちゃったりします。(笑)

・垂直フォール

ジカリグ垂直フォール

最大の特徴は構造上、着水後シンカーが先行する形で水面に対してまっすぐ垂直に落ちていきやすいこと。

テトラの穴など小さなピンを狙い撃ちする場合や構造物に対して落とし込むような垂直な攻めに非常に有効になります。

岸際に沿って落としたいときや、中にタマネギ(フィルターユニット)が囲んであるような粗朶において、杭と杭の間ぴったりに落としたいなんてときには非常に便利です。

・カバーの貫通力

同ウエイトのテキサスリグと比べると、シンカー先行でラインが邪魔にならないため、貫通力は上で、同様に水底から上げてくるときの取り回しもよく、濃厚なカバーから抜くときのすり抜けに関してはテキサスリグに劣るものの上下の動きのさせやすさに秀でています

水面を覆うようなカバー周りでは軽いシンカーでも貫通性がよくなりますし小さなポケットを狙うときの操作性も秀でます。

浮きゴミのポケットに落とすときなどは便利

カバーに入れた後中層で誘うようなときには、フックに自由度があるためテキサスリグのようにワームがぶら下がり状態になりにくいのも特徴のひとつ。

そのため縦のロッドワークに非常に相性が良いです。

・根がかりやスタックに強い

またオフセットフックとスティック型のシンカーを使うことでボトムへのスタックや通常の根掛かりにも強くなるので、ボトムまわりでの使用に長けています。

合わせるシンカーは状況によってスティック型・ナス型・涙型などを使い分けますが、私の場合はスティック型を使用することがほとんど。

これらの特徴から

メバルやカサゴ、ソイ、アコウなんかの根魚からヒラメやマゴチでも広く使われています。底を取りやすく根掛かりもしにくいので、これらの魚を狙うにはぴったりです。

ジカリグの使い方・アクション


次にジカリグの使い方、効果的なアクション方法について解説していきます。

ジカリグの使い方、アクションで知っておくべきことは主に以下の3つだけです。

①カバー撃ち

ウッド系カバー

テトラから倒木やウッドカバー、葦際や、オダなどのインビジブルカバーまで、複雑なところへの出し入れがとくにピンポイントでしやすいのです。入れて少し誘ってピックアップ。

流入河川やショアラインのカバーであれば、シーズン中なら着底して3回ほど小さく上下に揺らしてから少し様子を見て反応がなければピックアップを繰り返しながら流していくことが多いですね。

②ズル引き

ズル引きイメージ

そもそも超ショートリーダーのダウンショットなのと底まわりに強い特徴を生かしてズル引きします。

ボトムから少し浮くのでバスが食いやすいという点と、泥底に埋まりにくいという利点があります。

スイミングを交えたりスピードの緩急を付けることもありますが、基本はボトムやモノに絡めるように扱います。

とくにオープンウォーターではボトムを感知しながら意図的にスタックを作るくらいのイメージで操作します。

③リスト&フォール

カバーまわりでもオープンウォーターでも接近戦で生きる使い方です。

特にジカリグではフックに自由度があるため、ワームの動きを生かしやすく、短い距離でもより良いアクションを見せることができます。

縦ストラクチャー画像
橋脚が護岸などの縦ストラクチャーは得意

竿を縦にあげ、そのまま下ろす。素早く上げてゆっくり落とす。チョンチョンと小刻みにしゃくってみたりカーブフォールを交えたり。

特に冬期にするのですが素早く上下させてメタルバイブのように使うセッティングができます。
シャローカバーまわりでのこの釣りかたはテキサスリグやヘビダンでする方も多いと思います。自分もペグ止めした8~10gテキサスなんかでよくやっていましたがジカリグで抵抗の小さいワームを組み合わせることで非常にやりやすくなりました。

ジカリグのメリット・デメリット

ドライブビーバー3inジカリグ
ドライブビーバー3inジカリグ

ここではジカリグを使用するメリットとデメリットについてそれぞれ解説します。どんな仕掛けにもメリットがあればデメリットもあります。

ジカリグのメリット

特徴として述べたことがそのままメリットだと思うので簡単にまとめます。

【根掛かりしにくい】
特にズル引きは同じ重さのシンカーでもテキサスリグよりも底当たり感を弱くできるのでボトムスタックしにくくも底を感じるだけの感度は残るので状況がわかるのも良い点です。

【魚がかかりやすい】
フック(針)が上に向いているので、上顎にかかりやすいためバレにくいと感じます。

【垂直フォールとアクションの良さ】
橋脚などの縦ストを直接狙うときや複雑なカバー、ピンスポットに入れ込むときの使いやすさが群を抜いています。フックに自由度があるのでワームのアクションが良くでて、中層で誘うときの姿勢もワームがぶら下がりにくくなります。

【カバーの貫通性が良い】
マットカバーの抜けも同ウエイトのテキサスリグに比べて貫通力が高いです。

ジカリグのデメリット

・障害物が少ないポイントだとジカリグの効果を発揮しにくいので、わざわざジカリグを利用する必要もないのかなと思います。

・シンカーが一体化していることによって吸い込みが気になるときがあります。

・注意点として自作する際に合わせるフックのアイの大きさに気を付けないと、リングの太さに対してアイが小さいと入らなかったり動きが窮屈になったりします。

・細身のワームと合わせるとスティックシンカーの存在感が気になります・・。

・一体感がマイナスに働くっていうことなんですが、シンカーウエイトを変えたいなんてときには致命的で、リグを組み直す又は別に組んである仕掛けと交換するなんてことになります。

頻繁にウエイトを変えたい方はスナップを使用して作成したり、ノガレスのクイックチェンジャーシステムのようなシンカーの使用をおすすめします。

スナップを使ってジカリグを作成した例
スナップを使って作成した例

ジカリグの重さの使い分け

オカッパリのときもレンタルボートなどのときも5gを基準にしています。

ワーム重量込みで10~15g程が一番使い勝手が良いんではないでしょうか。

ウッドカバー、ベジテーションまわりで扱いやすいと思っていますが、底あたり感が強すぎれば3.5gに下げたり、流れがあったりボトムがとれないような時は7gに上げたりして調整します。

いまのところ全てをジカリグでこなそうという考えはないため、これ以上重さが欲しい状況ではテキサスリグに変えてしまっていますね。スティックシンカーがあまり大きくなるとシルエットが気になるので・・。

重さの感覚はテキサスリグを使うときと同じですが、特にスティックシンカーで組んで横に引いたときの底当たり感はテキサスリグより良くも悪くも一段弱くなるので、ボトムを釣るときは気をつけてください。

おすすめ

個人的によく使っているのは河川のカバー撃ちや2mくらいまでのの沈みもの用にカツイチのゼロダンワーム217の完成品。5gの#1/0フックが一番使用頻度が高いです。

ゼロダンワーム217
ゼロダンワーム217

一番汎用性がよく、フックサイズ・ウエイト共にドライブクロ―3in、ドライブビーバー3.5in、ヤマセンコー4inなどと相性がよく使えるワームの幅も広いので、これだけ完成品を買ってきて、それ以外のサイズは用途にあわせて自作して使っています。

カツイチ(KATSUICHI)
¥346 (2022/09/28 10:21:59時点 Amazon調べ-詳細)

自作する際ですが、デコイのオープンスイベルがシンプルにまとまるので気に入っています。

出典:デコイ製品ページ

だいたいMHロッドでやるのですが、スピナべなんかも兼用でよく投げるので(キャストのときにクルクル回る・・)糸寄れ解消の意味もかねてスイベルタイプを使うようにしています。

カツイチ(KATSUICHI)
¥298 (2022/09/28 10:21:59時点 Amazon調べ-詳細)

収納

収納は本当に人それぞれだと思うので参考までにですが、

私の場合は上記のように一番使用頻度も高く汎用性のある5gの1/0フックを普段つかうフック・シンカーケースの中に一部屋設けて入れておきます。

それ以外の特定の状況でのみ出番になるようなサイズは、小ケースに小分けしておいて活躍するときだけ持ち出すようにしています。

おわりに

単体でまとまりよく幅広くつかえるジカリグ。

根掛かりすることも少ないので、ロストしにくい点も有難いですね。

テキサスリグと使い分けるというよりは今は両方リグってあることが多いです。
カバー周りでの使用頻度は半々くらいになっていますね。

カツイチ(KATSUICHI)
¥346 (2022/09/28 10:21:59時点 Amazon調べ-詳細)